767生産状況

767は1979年7月6日から製造が続く長寿プロジェクトの機体で、旅客用の生産は787のデビューにより2014年に終了したが、貨物型である767Fと、767-200ERベースで開発された軍用機型のKC-46Aの製造が引き続き行われている。
2020年からは月産レートを4機(SS/M)へ引き上げ可能性。

月産レート

767 2.5 機(SS/M)

受注&デリバリー状況(2019年10月末時点)
コメント:-

モデルシリーズ
Model Series
受注数
Orders
引渡し済
Deliveries
引渡し待ち
Unfilled
767-200 128 128
767-200ER 121 121
767-300 104 104
767-300ER 583 583
767-300F 223 165 58
767-400ER 38 38
767-2C/KC046A 73 29 44
767 Total 1270 1168 102

技術情報

  767F KC-46A
積載量 kg(lbs) 52,480 kg (115,700 lbs)  
航続距離 3,255 nmi (6,027 km)  
機体全長 54.94 m (180 ft 3 in) 165 ft 10 in (50.5 m)
機体全幅 47.57 m (156 ft 1 in) 156 ft 1 in (47.5 m)
機体高さ 15.85 m (52 ft) 52 ft 10 in (16.1 m)
エンジン P&W PW4000 / GE CF6 Two Pratt & Whitney PW 4062 with
62,000 lbf (289.13 kN) thrust

 ※KC-46Aは767-200ERの機体全長で、主翼は-300シリーズの物が採用されている。

データ参照先:ボーイング社ウェブサイトより http://www.boeing.com

※ 海外メーカーの日本向けサイト情報が古くアップデートされていない場合があり、少しでも新しい情報を日本語で掲載することで、一部の方のお役に立てればという思います。