747

737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (3)

このNMAの日本の航空機産業への影響はどうでしょうか? 日本は767からボーイングのメジャーなプログラムに参加し始めてきました。その後、777では飛行機の21%を製造し、787においては35%、777Xでも21%のワークシェアがあります。777は777Xに置き換わるため次第になくなるプログラムです。今後残るプログラムは767(殆どが米空軍の給油機向け)と787、777Xとなります。
737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (2)

引き続き、まだ存在しない飛行機について、、、NMAはNew Midsize Airplane の略で、ボーイング次世代中型ジェット旅客機として757(と767)の後継として検討が続けられている機体です。
747

ジャンボ機(5) ジャンボ機といえば

747-8の開発再開の理由というところからでしたね。エアバスのA380という最新の機体が現れても、50年以上も愛され続け、今回のA380の生産中止のニュースがあった2019年2月現在でもまだ作り続けられている理由、それは747がそもそも軍用貨物機として開発されたこと。
747

ジャンボ機(4) ジャンボ機といえば

前回の記事の中で運用中の機体等のデータを表にしましたが、現在、主力で使われているのは747でも「後期版」の比較的新しい「テクノジャンボ」と言われている機体です。-400シリーズと−8というシリーズです。
747

ジャンボ機(3) ジャンボ機といえば

ジャンボ機といえば、やはり皆さんすぐ出てくるのは、ボーイング社のB747ですよね。この機体については、ウェブに情報があるので今更ですが、今年(2019)2月9日で初飛行から50年を迎えました。 50歳のお祝いも兼ねて、ちょっと書いてみます。