737-10

737-10

737MAX飛行再開までのステップ

 ボーイング737MAXの飛行停止が始まって来月13日(日本時間14日)で1年となります。飛行再開までのステップと、現在どの辺りにいるかに関してメモ。
737-10

Boeing 737MAX 生産再開レートはLow&Slow

 昨年飛行停止となり、今年1月中旬から生産ラインも停止しているボーイング社737MAXの生産再開時期と今期製造予定機数の予測メモ。 現在400機+の機体が製造済&保管されています。
737-10

Spirit AeroSystems社 Boeingとの2020年度737MAX製造契約を発表

 Spirit AeroSystems社1月30日付のニュースリリースで、現在飛行停止&製造停止中のBoeing 737MAXの2020年度分の生産レートに関してボーイング社と合意に達したと公表しています。
737-10

737MAX 現状と課題

 今月29日にボーイングの2019年決算が発表される予定です。737MAX関連での膨大なコストが明らかになると思います。  現在、生産停止中の737MAXですが、今後どの様な動きがあるのでしょうか?生産再開はいつになるのか、生産レートはどの様な回復をするのでしょうか? 眠いけど、ちょっとメモっておきます。 生産再開時期 生産レート サプライヤーへの影響 対エアバス NMA/FSA キャッシュフロー エアライン
737-10

米航空会社737MAX商業飛行再開時期

 737MAXに関してFAAからの再認定の時期もなかなか見えない中、エアライン各社も同機の商業飛行再開時期をさらに延長し始めています。 サウスウエスト航空(Southwest Airlines)は、機体をスケジュールに組込む時期を6月6日まで延長しました。
737-10

ボーイング 737Maxと777Xオクラホマ州での試験飛行を検討中

 ボーイング社は737MAXと777Xに関して、それぞれ飛行再開と初飛行実施後、オクラホマ州郊外にある空港での試験飛行を検討しています。 空港はオクラホマ州ワシータ郡バーンズフラットにあるクリントン・シャーマン空港です。地図で見るとアメリカのど真ん中にある空港ですね。オクラホマシティから160キロ程の場所で、車で1時間半〜2時間ほどの場所です。
737-10

ボーイング 737MAXパイロットへのシミュレーター教育求める

 ボーイングは7日、2度の墜落事故を起こした新型機「737MAX」について「パイロットにフライトシミュレーターでの訓練を推奨する」との声明を出しました。ボーイングはこれまで旧モデル「737NG」の飛行経験があればシミュレーターによる訓練は不要としていて、コンピューターを使用したトレーニングのみを必要としていました。 米連邦航空局(FAA)はボーイングの提案に関して検討していますが、MAXの飛行再開にあたって具体的なトレーニング内容に関しては明らかにしていません。
737-10

Boeing 737 機体配線に関して調査中

2020年ボーイング737関連ニュース1発目はこれです。 MAXの再認定に向けて作業が進む中、新たな配線の問題が表面化し、機体の商業飛行再開をさらに遅らせる可能性が出てきました。New York Times紙によると2つの致命的な墜落事故を引き起こしたと考えられるMCASソフトウェアの欠陥を超える新たな配線問題が発生したと取り上げています。
737-10

2020年 航空機主要メーカーOutlook – ボーイング

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Boeing 737MAX これを書いている時点で、生産はストップしています。昨年3月13日から10ヶ月近く飛行停止になった状態で、生産を昨年末まで続け400機近くの機体が完成した状態で保管されていることになります。
737-10

737MAX 二度と飛ばない可能性は?

現時点で生産停止に関しては3ヶ月から半年と噂される中、航空専門家の中には737MAXが二度と飛ばないという意見もあります。 これには製造停止で廃業するメーカーなどが出た場合、サプライチェーンが破綻し737MAXの製造が将来的に不可能となるケースです。