Bell Helicopter

206 Jet Ranger

ベル社 ベル505ジェットレンジャーX 200機目の引渡達成

ベル社(Bell Textron Inc.)は記念となる200機目の505ジェットレンジャーXをオーストリアのHubi-fly Helikopter社へ引き渡したと同社のWebサイトで発表しました。
Aerospace

ヘリコプターに無人飛行システム搭載

少し前のニュースになりますが、このメーカーは2017年末にONR(アメリカ海軍研究局)のAutonomous Aerial Cargo Utility System (AACUS) というプログラムで、海兵隊のUH-1Hヘリコプターの自律飛行を成功させました。
Aerospace

V-22 Osprey 三十路

米国防総省が4軍共同の「統合垂直離着陸研究」(JVX, Joint-service Vertical take-off/landing eXperimental)という名称の計画で新型機の開発を行い、初飛行は1989年3月19日でした。
412EPI

陸自向けの新多用途ヘリ試作機、スバルが納入

Feb 28th, Subaru UH-X Prototype delivered to JGSDF. it is enhanced Bell 412 EPI, it called 412 EPX for their civil type.
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(5)

攻撃ヘリコプターのミッションが、対ゲリラ戦の様なレベルであれば比較的に有利に遂行できるが、それ以外のミッションには非常に危険が伴うということを書きました。また無人航空機の出現で、これまで攻撃ヘリコプターが得意としていた任務の多くを、無人機で十分にカバーできることも、AH-Xを選定する上で検討すべき分野となります。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(4)

これまで(1)〜(3)を通して、次期戦闘ヘリコプターは一般的な2人乗り専用の攻撃ヘリコプターに関して、攻撃ヘリとは?どの様なシナリオで使用できるのか?等を書いてきました。速度と武装のポイントから少し書いてみたいと思います。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(3)

現在使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。 正規の軍隊と対峙するシナリオでは使用することに非常にリスクのある装備であること、そして対ゲリラ戦闘を予測する観点から数量を定めることが難しいという観点を考えるだけで、AH-Xという計画が綺麗な回答を出しにくいものである。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(2)

現在使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。 戦闘ヘリ、特に攻撃に特化したデザインのヘリコプターがデビューしたのは、ベトナム戦争です。AH-1コブラ、AH-64アパッチが代表的なものでしょう。ヨーロッパのメーカーもタイガー(ティーガー)やマングスタという機体を開発しました。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(1)

現在使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。現在運用しているAH-1とAH-64Dに関して、導入が決定された30-40年(?)前とは“我が国を取り巻く環境”も大きくて変わっており、新たな観点で整備されていくものかと期待しています。