Helicopter

360 Invictus

FARA デザインコンセプト 各社まとめ

米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプトは全5社に絞られた中、ボーイング社以外の4社が機体デザインを公開しています。このサイトでも取り上げましたがまとめてみたいと思います。公開日順です。 AVX Aircraft & L3 Technologies team BELL Sikorsky(LMT) Karem Aircraft Boeing
360 Invictus

ボーイング社FARA提案機体の動画

 ボーイング社から米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けのコンセプト機体の新しいティーザー動画が公開されました。先週?あたりの動画よりも詳しく見ることができます。
412EPI

スバルベル412EPXにAstronautics社Badger Pro +統合フライトディスプレイシステム

 Astronautics Corporation of Americaは、412シリーズの最新バージョンであるSUBARU BELL 412EPXにBadger Pro +統合フライトディスプレイシステムを提供します。。。というメモ。以下はメーカーニュースリリースから一部引用:
accident

コービー・ブライアントの自家用S-76Bが墜落

NBAのスーパースターだったコービー・ブライアントさん(41)が26日、ロサンゼルス近郊での自家用ヘリコプターの墜落で、同乗していた13歳の娘らとともに亡くなりました。現役時代は、マイケル・ジョーダンさんの後継者として活躍し、名門のLAレーカーズに1996年に高卒の17歳で入団、その後2015~16シーズンまで20年間にわたりプレイし現役を引退したレジェンドの突然の悲報でした。
Aerospace

SB>1 Defiant 飛行試験 100kt到達(動画)

公開された動画は1月13日に行われた飛行試験で30度バンク・ターンの後、100Knotsを越えた様子が収められています。(昨年10月時点では、)2020年第一四半期中に40ktづつ速度を上げながら、最終的に230ktを達成する計画です。 NASAエイムズ研究センターでは、風洞モデルで250ktの風洞試験に成功しています。
Aerospace

Sikorsky-Boeing SB-1 DEFIANT 試験飛行再開(動画)

 シコルスキーSB>1デファイアント(シコルスキーとボーイング社で共同開発中の二重反転式ローターヘリコプタープロトタイプ機)の久々の飛行(4度目)の様子がアップされました。飛行は9月24日にフロリダ州ウェスト・パームビーチにあるシコルスキーの試験場で1時間のフライトが行われました。
360 Invictus

Bell 360 Invictus 米陸軍将来攻撃偵察機FARAコンセプト公開(2020/2/5一部更新)

ベル社はニュースリリース、米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプトを公開しました。他の候補メーカーのコンセプトと比べるとコンベンショナルなデザインとなっています。 来年競合2社に選ばれた場合、製造開始して初飛行は2022年の秋を目指しています。 このBell 360 Invictusは、現在開発中で2015年に初飛行し飛行試験を現在も行なっているBell 525 Relentlessのローターシステム技術を使用するようです。Bell 525 Relentlessは陸上と沖合の油田との間の人員輸送を主な目的としている16人乗りの機体です。
206 Jet Ranger

ベル社 ベル505ジェットレンジャーX 200機目の引渡達成

ベル社(Bell Textron Inc.)は記念となる200機目の505ジェットレンジャーXをオーストリアのHubi-fly Helikopter社へ引き渡したと同社のWebサイトで発表しました。
Aerospace

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門) MD500ヘリコプター無人飛行に成功

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門)はMD500ヘリコプターをベースにした無人機型500MD(KUS-VH)を初飛行させました。これは既存有人機を無人機運用するプログラムの一環としてKAL-ASDが行なっているものです。この500MD(KUS-VH)にはボーイングが韓国にてデモ飛行を行なったボーイング H-6U Little Bird無人ヘリコプタープログラムの技術使用されています。
2L2

KAI LAH軽攻撃ヘリ初飛行

韓国KAI(韓国航空宇宙産業)ので開発中の軽攻撃ヘリコプター(LAH - Light Attack Helicopter)が初飛行した様子が、facebookで紹介されていました。泗川市にある同社敷地内にて20分間の初飛行となったようです。 KAIのSNSでは4月に地上でテストする模様が公開されていました。 LAHはエアバスヘリコプターEC155(通称:ドーファン)を原型とし、エンジンはチュルボメカ・アリエル2L2エンジンを搭載しています。アリエル系列のエンジンでもっとも高出力のエンジンです。