Helicopter

360 Invictus

FARA デザインコンセプト 各社まとめ

米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプトは全5社に絞られた中、ボーイング社以外の4社が機体デザインを公開しています。このサイトでも取り上げましたがまとめてみたいと思います。公開日順です。 AVX Aircraft & L3 Technologies team BELL Sikorsky(LMT) Karem Aircraft Boeing
Aerospace

Sikorsky-Boeing SB-1 DEFIANT 試験飛行再開(動画)

 シコルスキーSB>1デファイアント(シコルスキーとボーイング社で共同開発中の二重反転式ローターヘリコプタープロトタイプ機)の久々の飛行(4度目)の様子がアップされました。飛行は9月24日にフロリダ州ウェスト・パームビーチにあるシコルスキーの試験場で1時間のフライトが行われました。
360 Invictus

Bell 360 Invictus 米陸軍将来攻撃偵察機FARAコンセプト公開

ベル社はニュースリリース、米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプトを公開しました。他の候補メーカーのコンセプトと比べるとコンベンショナルなデザインとなっています。 来年競合2社に選ばれた場合、製造開始して初飛行は2022年の秋を目指しています。 このBell 360 Invictusは、現在開発中で2015年に初飛行し飛行試験を現在も行なっているBell 525 Relentlessのローターシステム技術を使用するようです。Bell 525 Relentlessは陸上と沖合の油田との間の人員輸送を主な目的としている16人乗りの機体です。
206 Jet Ranger

ベル社 ベル505ジェットレンジャーX 200機目の引渡達成

ベル社(Bell Textron Inc.)は記念となる200機目の505ジェットレンジャーXをオーストリアのHubi-fly Helikopter社へ引き渡したと同社のWebサイトで発表しました。
Aerospace

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門) MD500ヘリコプター無人飛行に成功

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門)はMD500ヘリコプターをベースにした無人機型500MD(KUS-VH)を初飛行させました。これは既存有人機を無人機運用するプログラムの一環としてKAL-ASDが行なっているものです。この500MD(KUS-VH)にはボーイングが韓国にてデモ飛行を行なったボーイング H-6U Little Bird無人ヘリコプタープログラムの技術使用されています。
2L2

KAI LAH軽攻撃ヘリ初飛行

韓国KAI(韓国航空宇宙産業)ので開発中の軽攻撃ヘリコプター(LAH - Light Attack Helicopter)が初飛行した様子が、facebookで紹介されていました。泗川市にある同社敷地内にて20分間の初飛行となったようです。 KAIのSNSでは4月に地上でテストする模様が公開されていました。 LAHはエアバスヘリコプターEC155(通称:ドーファン)を原型とし、エンジンはチュルボメカ・アリエル2L2エンジンを搭載しています。アリエル系列のエンジンでもっとも高出力のエンジンです。
Aerospace

フィリピン空軍へ陸自UH-1Hスペアパーツの引渡し式が行われる 

平成31年3月19日、クラーク空軍基地においてUH-1Hスペアパーツの比空軍への移転を記念する式典が開催されました。今回譲渡したのは譲渡で合意している約1400種類・約4万点の部品等の一部で、フィリピン空軍のC-130Tで空輸されたもの。残りの部品等は今後フィリピン海軍によって海上輸送されます。
Aerospace

シコルスキーSB>1デファイアント初飛行

3月21日、シコルスキーSB>1デファイアント(シコルスキーとボーイング社で共同開発中の二重反転式ローターヘリコプタープロトタイプ機)の初飛行の様子がYoutubeでアップされました。
412EPI

陸自向けの新多用途ヘリ試作機、スバルが納入

Feb 28th, Subaru UH-X Prototype delivered to JGSDF. it is enhanced Bell 412 EPI, it called 412 EPX for their civil type.
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(5)

攻撃ヘリコプターのミッションが、対ゲリラ戦の様なレベルであれば比較的に有利に遂行できるが、それ以外のミッションには非常に危険が伴うということを書きました。また無人航空機の出現で、これまで攻撃ヘリコプターが得意としていた任務の多くを、無人機で十分にカバーできることも、AH-Xを選定する上で検討すべき分野となります。