ParisAirShow

737-10

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (4)

 4月中旬にボーイング新中型機(NMA)の状況 (3)を書いてからしばらく経ちましたので、ボーイング新中型機(NMA)の状況 (4)を書いてみようと思います。 NMAのアナウンスはいつ? 日本はNMAにどれだけ絡めるか? 今年のパリエアショー前後でAIRBUSのA321XLRに関して、NMAの対抗機種として検討されていることが話題になりました。それから数ヶ月経ちましたが、特にBoeingからNMAに関して「検討しているが、737Maxが最重要課題である」という以外の発言以外はニュースになっていません。(私が見ているニュースレベルですが...)
737-10

旅客機引渡しスケジュール予想 2019-2029

今後10年間で16機種程の旅客機がデビューし、航空会社に引き渡されていく予定です。 (ボーイングがNMAをローンチするとした場合です。) それぞれの年にどの様な機種が予定されているのか整理してみます。
Aerospace

Triumph社 三菱スペースジェットM100の設計開発を支援

Triumph Group, Inc.は、先週のParis Air Showで、同社のAerospace Structures事業部が、三菱スペースジェットM100の設計と開発を支援するために三菱航空機株式会社にエンジニアリングサービスを提供することを発表しました。この契約では、特に翼の最適化と高度な材料技術へのアクセスに関連して、Triumphの中核となる構造エンジニアリングリソースを活用して三菱スペースジェットM100機の開発のための機体設計および解析サポートを提供するとのことです。
737MAX

Paris Air Show 2019 – 受注まとめ

パリエアショー 2019終了時の受注状況をまとめました。 エアバス50周年を記念する年でしたが、前回、前々回と比べると、全体的な受注数は低く、静かなショーでした。 全体的にはエアバスが受注数を伸ばし、合計388機の受注をしました。対してボ...
737MAX

Boeing 737Max 改名?

半年間で2件の墜落事故を起こし、現在飛行停止中のBoeing 737MAX。時期はわかりませんが、FAAによる審査が終わり次第、飛行再開されていくと思われます。しかし、安全性が確保されたとしても、エアラインにとってこれだけ悪いイメージを持ってしまった機体に乗客が乗ってくれるのか?という部分は悩みのタネ&ネタです。
737MAX

Paris Air Show – Airbus outrace Boeing at their home game

パリエアショー3日目も終了し以下のような状態です。 ボーイングもIAGから737MAXを200機を受注し、驚かせるニュースも昨日ありましたが、やはり737MAXの事故で失ったボーイングの信頼は、取り戻すのに時間がかかると思わせる内容です。ボーイングが受注したオーダーの多くが、LoI(Letter of Intent)であり、ファームオーダーでは無いというのが、それを物語っています。まあ、エアショーではそのレベルでいいんですが。