Hypersonic

Aerospace

ロシア 極超音速ミサイルの実戦配備を発表

ロシア国防省は27日、最新鋭の極超音速ミサイル「アバンガルド」を初めて実戦配備したと発表しました。アバンガルドは核搭載可能なグライダー型のミサイル兵器で“highly maneuverable”とあり非常に機動性があり、米国を含むあらゆるミサイル防衛(MD)システムの突破が可能とのこと。
Aerospace

極超音速ミサイル機動にトンボのアルゴリズム

極超音速ミサイルがトンボと同じくらい効率的に獲物を狩ることを可能にするアルゴリズム  トンボは獲物の95%を捕まえ、捕食者の1つとして生き物のトップクラスに指定できます。トンボの技術をミサイルに適用する方法は?National Defenseに興味深い記事がありました。 春と夏によく見られるトンボは、より正確で機動性のあるミサイルを開発するための鍵になるかもしれません。 この生物は獲物の95%を捕まえることができ、世界のトップ・プレデターの1つです。