T-7A Red Hawk

Boeing

米空軍 T-X練習機を「T-7A Red Hawk」と命名

 米国空軍は、ボーイングのT-Xジェット練習機を米陸軍航空隊の"タスキーギ・エアメン"とその第二次世界大戦時代のP-40ウォーホークに敬意を表して「T-7A Red Hawk(レッドホーク)」と命名しました。 この歴史的なグループは、アフリカ系アメリカ人の軍事パイロットと第二次世界大戦で戦った支援要員の最初のユニットでした。彼らは、P-51マスタング航空機の尾部にある独特の赤い塗料により、レッドテールとして知られるようになりました。