Boeing

737MAX

FAA AOAセンサーに関して注意喚起

米国連邦航空局(FAA)は「Information for Operator - 19009」(航空安全情報)を発行し、運用者に対して迎角(AOA)センサーが簡単に損傷する可能性があることを思い出させ、安全な飛行操作を確保するために、注意深く保守する必要があることを明記しています。
737MAX

737Max飛行再開に向けて数百人雇用

ボーイングは2件の墜落事故を受けて、3月から飛行停止中の737Max飛行再開に向けて、モーゼスレイクで働く数百人の派遣社員を雇用します。 これらの社員にはモーゼスレイクでの住宅と食事手当が支給されます。求められているのは航空電子技術者、航空機整備士、機体およびエンジン整備士、航空機電装関連の技術者などです。
accident

E-2Dが着艦時、4機のF/A-18E/Fを損傷させる

今月初め着艦を試みていたE-2D Advanced Hawkeyeが、アレスティングワイヤーを捉えることが出来ずに、その過程でフライトデッキに駐機していた他の機体4機に損傷を与えたとNavytimesが伝えています。 インシデントが起きたのは、アメリカ海軍ニミッツ級航空母艦の5番艦エイブラハム・リンカーン (USS Abraham Lincoln, CVN-72) 上で、8月9日午後7:40頃発生したようです。同艦は今年5月からイランとの緊張が高まるアラビア海に展開しています。
777-9

GE社 777X用GE9Xターボファンエンジンのリコール

GE社は、既にボーイングに納めたGE9X 4基についてリコールするようです。 これはエンジンをシアトルからGEの工場のあるオハイオ州まで運ぶためロシアのヴォルガ・ドニエプル航空(Volga-Dnepr Airlines)の飛行許可申請があったことからわかりました。(アメリカ国外の航空会社が、アメリカ国内で運行する場合はアメリカ合衆国運輸省に届出、許可を得る必要があります。)
777-8

ボーイング 777-8の開発延期へ

ボーイングは開発中777Xの超長距離タイプとなる777-8に関して、開発を延期すると発表した。777X関連のニュースではエンジンの再設計が必要となるため、777-9の初飛行を2020年初めに延期すると数週間前に発表したばかり。
A-10

A-10攻撃機 – 173機の主翼交換完了

2007年にボーイングが受注し、2011年から実施されてきたA-10攻撃機の主翼交換プログラムですが、最終の機体(No.80-0252)に173セット目の主翼が取り付けられ、米ヒル空軍基地にてテスト飛行を行いました。 米国内で162機分、残りの11機は駐韓米軍基地にて交換作業が実施されました。
767

KC-46A空中給油ブームアクチュエーター再設計に$55.5M

ボーイング社はKC-46A空中給油機(ペガサス)に関して5550万ドルの変更契約を受けました。この契約は空中給油用ブームの再設計に必要となるハード・ソフトウェアへの費用です。
737MAX

ジェットエンジン – ターボファンエンジン燃費効率

過去10年間で旅客機用エンジンが成し遂げた燃費改善について  * 一番触りやすいバイパス比BPR  * 高い技術が要求されるエンジンコアと燃費の関係 今後デビューするエンジンがどれだけ燃費等で改善できるのか?  * 物理的限界 まとめ&新たな推進方式
Aerospace

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門) MD500ヘリコプター無人飛行に成功

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門)はMD500ヘリコプターをベースにした無人機型500MD(KUS-VH)を初飛行させました。これは既存有人機を無人機運用するプログラムの一環としてKAL-ASDが行なっているものです。この500MD(KUS-VH)にはボーイングが韓国にてデモ飛行を行なったボーイング H-6U Little Bird無人ヘリコプタープログラムの技術使用されています。
737-10

737MAX生産一時中止も ボーイング近況

7月25日2019年 ボーイング関連アップデート メモ 737MAX 777X NMA 737MAX ボーイングのデニス・マレンバーグ会長、社長兼CEO(最高経営責任者)は7月24日に行われた決算会見で、737 MAXについて、運航停止が長期化した場合に生産を一時停止する可能性があることを明らかにしました。