Boeing

737-10

737MAX 現状と課題

 今月29日にボーイングの2019年決算が発表される予定です。737MAX関連での膨大なコストが明らかになると思います。  現在、生産停止中の737MAXですが、今後どの様な動きがあるのでしょうか?生産再開はいつになるのか、生産レートはどの様な回復をするのでしょうか? 眠いけど、ちょっとメモっておきます。 生産再開時期 生産レート サプライヤーへの影響 対エアバス NMA/FSA キャッシュフロー エアライン
737-10

米航空会社737MAX商業飛行再開時期

 737MAXに関してFAAからの再認定の時期もなかなか見えない中、エアライン各社も同機の商業飛行再開時期をさらに延長し始めています。 サウスウエスト航空(Southwest Airlines)は、機体をスケジュールに組込む時期を6月6日まで延長しました。
787

米中、第1段階の貿易合意に署名 航空業界への影響

 15日に公表された合意文書によると、中国が2021年12月までの2年間で追加購入を約束したのは航空機を含めた製品777億ドル相当のほか、農産品320億ドル、エネルギー関連524億ドル、サービス関連379億ドルと第1段階合意は中国が極めて幅広く購入を公約しました。 航空機を含めた製品777億ドルに関しては、1年目が329億ドル、2年目が448億ドルとなっています。これには航空機以外に、航空関連の設備機械や電気設備等も含まれますので、アメリカにとってはボーイングをはじめ航空関連の企業にとってはウェルカムなニュースでしょう。
737MAX

ボーイングのサプライヤー2社が対等合併

 ボーイングのサプライヤーであるウッドワード社(Woodward Inc. (WWD))とヘクセル社(Hexcel Corp. (HXL))が対等合併を発表しました。すべて株式交換で実施され、ウッドワードの株主は新会社の55%、残りをヘクセルの株主が保有します。新会社の企業価値は64億ドルに及ぶと見られ、2019年度には約53億ドルの売上高と11億ドルのEBITDAが生み出されると予想されます。両社はボーイング737MAXの墜落事故で同型機の生産が中止されており、それをきっかけにという事、また、航空業界で温暖化対策、排出ガス等への環境問題へのプレッシャー等の影響を受け今回の合併に踏み切ったようです。
Aerospace

ボーイング2019年納入機数

ボーイングの機体情報アップデートしました。 2019年の商用機の納入が380機と、前年(806機)から53%減少したと発表しています。ライバルの欧州航空機大手エアバス(863機)に抜かれ、11年以来、8年ぶりに世界首位の座を譲りました。
737-10

ボーイング 737Maxと777Xオクラホマ州での試験飛行を検討中

 ボーイング社は737MAXと777Xに関して、それぞれ飛行再開と初飛行実施後、オクラホマ州郊外にある空港での試験飛行を検討しています。 空港はオクラホマ州ワシータ郡バーンズフラットにあるクリントン・シャーマン空港です。地図で見るとアメリカのど真ん中にある空港ですね。オクラホマシティから160キロ程の場所で、車で1時間半〜2時間ほどの場所です。
737NG

イラン首都テヘランでウクライナ国際航空737が墜落 180人搭乗(更新)

 8日午前、イランの首都テヘランでウクライナ国際航空の737-800型機が墜落しました。 機体の登録番号はUR-PSRで、同航空に2016年に引き渡されたばかりの新しい機体です。同型機は世界中で現在活躍中の信頼性の高い737NGシリーズです。
737-10

ボーイング 737MAXパイロットへのシミュレーター教育求める

 ボーイングは7日、2度の墜落事故を起こした新型機「737MAX」について「パイロットにフライトシミュレーターでの訓練を推奨する」との声明を出しました。ボーイングはこれまで旧モデル「737NG」の飛行経験があればシミュレーターによる訓練は不要としていて、コンピューターを使用したトレーニングのみを必要としていました。 米連邦航空局(FAA)はボーイングの提案に関して検討していますが、MAXの飛行再開にあたって具体的なトレーニング内容に関しては明らかにしていません。
737-10

Boeing 737 機体配線に関して調査中

2020年ボーイング737関連ニュース1発目はこれです。 MAXの再認定に向けて作業が進む中、新たな配線の問題が表面化し、機体の商業飛行再開をさらに遅らせる可能性が出てきました。New York Times紙によると2つの致命的な墜落事故を引き起こしたと考えられるMCASソフトウェアの欠陥を超える新たな配線問題が発生したと取り上げています。
Aerospace

2020年 航空機主要メーカーOutlook – その他メーカー

2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus その他 その他 Bombardier 同社は今年最後のCRJを引渡し、コマーシャルジェット機の生産が終了します。 Embraer