スポンサーリンク

ロイヤルウイングマン初パワーオン ボーイング豪

 ボーイングオーストラリアは、開発中のAirpower Teaming System(ATS)の無人の「忠実なウィングマン」航空機の最初のエンジン稼働を実施しました。
これは無人システムの今年後半に計画されている初飛行に向けた地上試験の一部です。

Australia’s First Loyal Wingman Completes Engine Test

採用されているエンジンは明らかにされておらず、「商用ターボファンエンジン」であることだけが明らかにされています。
ATSはオーストラリア政府と共同で開発されています。 当初はオーストラリア空軍を念頭に置いて設計されていましたが、ボーイングはATSを「世界の防衛市場向けに開発された人工知能を利用したTeaming航空機」と表現し他の国への販売も検討しています。

ボーイングオーストラリアは、ATS機体の開発に加えて、AIを小型の無人航空機(UAV)に組み込む広範囲な実験作業を現地で実施しており、9月9日、人工知能(AI)を搭載したUAVがシミュレートされたターゲットを検出し、それに基づいて行動できる実験が成功したことを発表しました。

これ以前にも、3台の無人航空機が自律的にミッションを実行する飛行テストを行い、高性能無人ジェットのミッションシステムソフトウェアのテストを実施しています。