GE Aviation

737MAX

777X 認可作業の行方

 今月初飛行予定の777X、楽しみです。が、取り巻く状況を考えると前途多難な2020年です。 737MAXの問題で認可作業に多くの追加・修正プロセスが加わっていますが、777X認可に関しても、既存の機体をマイナーチェンジした機体として、当初737MAXが認可されたような比較的容易なプロセスはもう期待できず、737MAXで行われた新たな認可作業などが777Xの認定に追加されることは間違い無いでしょう。777Xや今後この様な「マイナーチェンジ」の機体に対して、全ての検査項目がチェックされていく可能性もあります。
360 Invictus

Bell 360 Invictus – ブースターエンジン

Bell 360 Invictus「インビクタス」は米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体です。この機体の補助動力ユニットにPratt & Whitney(プラット・アンド・ホイットニー) PW207D1ターボシャフトエンジンが使用されるようです。
777-8

777X関連ニュース(Dec 16th 2019)

Boeing Orders & Deliveries update カンタス航空「プロジェクトサンライズ」 A350-1000選定 Boeing Orders & Deliveries update 先週ボーイングのウェブサイトのOrders & Deliveriesが更新されました。 777Xを見るとUnfilledとなっている引渡し予定数ですが、309となっています。前回の数値からかなり減ったのですが、Emirates Airline(エミレーツ航空)の発注分が前回の150機から115機となっています。
767

Spirit AeroSystems社 767機首部分の初組立公開

Spirit AeroSystems社は767機首部分を初組立し公開しました。 これまでも同社は767機体の機首部分に関して、構成する、コクピット部分(キャビン)、機首下面、サイドパネル(左右)を製造してきました。それを鉄道でボーイングのエベレット工場まで輸送し、組立とすぐ後ろに続く胴体部分(Sec 41)との結合はボーイング社が行ってきましたので、Spirit社では初の組立となり、今後ウィチタ工場にて組立が行われていきます。"integrated 767 forward fuselage"と呼ばれています。 Spirit社は787型機に関しても、同様に機首部分を製造しています。
777-9

全日空B777-9での技術協力に関する覚書 – ルフトハンザ・テクニーク

ルフトハンザ・テクニーク社ニュースリリース より一部を訳してメモ  全日本空輸株式会社(以下ANA)とルフトハンザ・テクニーク株式会社は、ボーイング777-9での技術協力プロジェクトに関する包括的な覚書(MoU)に署名しました。 ANAはB777-9のローンチ・カスタマーのうちの1社であり、ルフトハンザ・テクニーク社は現在、2021年初頭にルフトハンザ航空への引渡しが計画されている同型機に対するMROサポートの準備を整えています。
777

777X関連ニュース(2019年11月21日)

開発中の777Xに関してアップデート GE9Xエンジン エミレーツ航空@ドバイエアショー 先日777X向けのGE9Xエンジンがシアトルに再納入され、テスト機体(WH001)へ取付けられている件をメモりました。これによりボーイングは今年12月〜来年明けの初飛行を目指しています。
777-9

777X 関連ニュース (2019年11月8日)

 777Xの開発状況に関して少しアップデート/メモ。 ブレードの不具合でGEにリコールされていたGE9Xエンジンですが、10月にボーイングに再納入され、エンジンが取付けられた777Xの写真がSNSでアップされていました。
777X

エアバス社次世代機翼開発 – WoT

先日の記事でも次世代機開発プログラム ー Wing of Tomorrowに関連した記事を書きましたが、どのような機体開発を目指しているのか、2019年10月末時点で、インターネットをサラッと検索してわかる範囲でまとめてみました。メモまで。 目指すところ このプログラム名Wing of Tomorrowの名前にある通り新しい翼を開発しています。この翼はエアバスが目指す次世代単通路機(Next-generation single-aisle aircraft)に採用されます。
737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (5)

 ボーイング社は11日、会長と最高経営責任者(CEO)を分離し、デニス・ミューレンバーグ氏が会長を外れてCEOに専念し、デービッド・カルホーン新会長となると発表しました。この発表の後に例のチーフパイロットのMCASに関するテキストメッセージのニュースが発表され、CEOの引退へ加速させるようなネタがもう少し出てくる可能性もあります。
737MAX

新エンジン搭載 ボーイング767(-X) 再検討

ボーイング社が新エンジンを搭載したB767の貨物機と旅客機モデルについて検討していることがわかりました。 これはFlightGlobal誌が最初に取り上げた情報ですが、「767-XF」というプロジェクトネームで、既にある機体プラットフォームを使用して将来的な貨物機を検討しているようです。 ベースとなる機体は767-400ERで、GE社製GEnxエンジン2発を搭載した形のようです。エンジンは既存のエンジンより大きくなる為、ランディングギアをより長いスタイルに再設計する必要があります。