Bell

Aerospace

オスプレイ用新ウェポンシステム – Defense Weapon System (DWS)

 米海兵隊がハワイ島オアフ沖でMV-22 オスプレイにDWS(Defense Weapon System)を搭載し射撃試験を行った様子をDefense-blogサイトにて動画を見ることができます。 DWSは、リモートで射撃コントロールするガナー・ステーションと、ターゲティング・センサー、GAU-17ミニガンで構成されたシステムです。
360 Invictus

Bell社とSikorsky社案採用 FARAプロトタイプ製造

 米陸軍はFVL計画の1つである将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)に関して、2020年3月に2社を選出し試作機の製造フェーズへと進むにあたり、Bell社案とSikorsky案を採用することを決定しました。 今後2社は、詳細デザインを完成させ、製造と飛行試験を行うフェーズへ進みます。その後、最終選定を行い2023年秋にはコンテスト勝者が決定する予定です。
Aerospace

米陸軍FLRAA Bell社とSikorsky-Boeing社案が次のフェーズへ(3/18/2020一部追加更新)

米陸軍はFVL計画の一つである将来型長距離強襲機(FLRAA:Future Long Range Assault Aircraft)に関して、Bell社とSikorsky-Boeing社案を選定しました。契約(Competitive Demonstration and Risk Reduction Contract)の額は公開されていません。これにより2社は2021年の開発企業選定に向けて進むことになり、最終選定された機体は陸軍で1979年に運用が開始されたシコルスキーUH-60ブラックホークの後継機種となります。
360 Invictus

FARA デザインコンセプト 各社まとめ

米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプトは全5社に絞られた中、ボーイング社以外の4社が機体デザインを公開しています。このサイトでも取り上げましたがまとめてみたいと思います。公開日順です。 AVX Aircraft & L3 Technologies team BELL Sikorsky(LMT) Karem Aircraft Boeing
Aerospace

3月6日 何の日?

 今日は何の日?3月6日と検索すると:(書きたいネタが無い日の最終手段) ● 世界一周記念日  ● ティルトローターの日(←勝手に)
Aerospace

BELL社 電動アンチトルクシステム 試験飛行

 Bell社は、カナダで新しい電動式テールローターシステムを備えた改造されたBELL429ヘリコプターを何ヶ月も飛行試験しています。 2020年2月20日にソーシャルメディアチャンネルにビデオが投稿され、EDAT - Electrically Distributed Anti-Torque(電気分散型アンチトルクシステム)の成果を公開しています。
360 Invictus

Bell 360 Invictusコンセプト機の市街戦動画公開

 Bell社は米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体Bell 360 Invictus「インビクタス」の新しいビデオを公開しました。 BellのTwitterアカウントに紹介されたこの動画は、新型ヘリコプターが市街戦で使用される様子となっています。
Aerospace

米海軍へ納入されたCMV-22B Ospreyがなんか好き

(テキサス州アマリロ)米海軍へグレイハウンド後継機として導入するオスプレイ(44機)の初号機体の引渡しが行われました。 納入された機体は、最初カリフォルニア州ノースアイランド海軍航空基地、続いてバージニア州ノーフォーク海軍基地へ配属される予定です。
412EPI

スバルベル412EPXにAstronautics社Badger Pro +統合フライトディスプレイシステム

 Astronautics Corporation of Americaは、412シリーズの最新バージョンであるSUBARU BELL 412EPXにBadger Pro +統合フライトディスプレイシステムを提供します。。。というメモ。以下はメーカーニュースリリースから一部引用:
Aerospace

米海軍向け CMV-22B Osprey CODカラーで初飛行

米海軍向けのCMV-22オスプレイの初飛行の様子がSNSで上がっていました。初飛行はテキサス州アマリロにあるBell社のプラントで行われました。 CMV-22は現行のC-2Aグレイハウンド・ターボプロップ輸送機代替用として開発された機体です。C-2は1960年代から海軍のCOD機材として投入されてきました。米海軍はグレイハウンド後継機としてオスプレイ導入を2015年に決め、これまで開発が進められてきました。39機が今後納入されます。