AH-64D

Aerospace

ボーイング社 オランダ、UAE、英国のアパッチ再製造契約締結

ボーイング社は3カ国で使用されているAH-64Dアパッチ攻撃ヘリコプターに関して、最新モデルである”E”モデルへの再製造/改修を行うための契約を米陸軍と締結しました。契約金額は約618億円($565 million)となっています。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(5)

←前の記事へ戻る ● 無人機との関係攻撃ヘリコプターのミッションが、対ゲリラ戦の様なレベルであれば比較的に有利に遂行できるが、それ以外のミッションには非常に危険が伴うということを書きました。また無人航空機の出現で、これまで攻撃ヘリコ...
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(4)

←前の記事へ戻る これまで(1)〜(3)を通して、次期戦闘ヘリコプターは一般的な2人乗り専用の攻撃ヘリコプターに関して、攻撃ヘリとは?どの様なシナリオで使用できるのか?等を書いてきました。速度と武装のポイントから少し書いてみたいと思...
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(3)

←前の記事に戻る ● 日本にどれほど必要?(ここからも引き続き私見です。)では、日本という国にとって、どれほど有効な戦闘に特化した戦闘ヘリというものが果たしてどれほど必要なのでしょうか? 何処かの国に攻め入って、広大な平野で対...
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(2)

←前の記事に戻る ● そもそも戦闘ヘリって?戦闘ヘリ、特に攻撃に特化したデザインのヘリコプターがデビューしたのは、ベトナム戦争です。AH-1コブラ、AH-64アパッチが代表的なものでしょう。ヨーロッパのメーカーもタイガー(ティーガー...
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(1)

陸上自衛隊で使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。 (New Attack Helicopter (NAH)と呼び方にシフトしていますが、馴染みがあるAH-Xで書いています。) 続く(2)〜(5)...
Aerospace

AH-64D アパッチの墜落事故から1年

佐賀県で墜落事故が起きて一年。改めてパイロットのお二人のご冥福をお祈りします。 テレビで放映された画像を見た瞬間、パイロットのミスではないと分かりました。市街地を避ける動作すら出来ない状態で機体が落ちていく様子は、エンジン関連では無...