USS Wasp

Aerospace

AV-8Bハリアーの運用 予定よりも2年延長か

海兵隊のAV-8B Harrier II攻撃機はこれまでの計画から更に2年延長し、2028年まで運用される見込であることがわかった。2030年頃までは第4​​世代/第5世代の戦闘機を両方運用していく計画で、AV-8B Harrier IIは2028年、F/A-18Cは2030-2031頃まで使用される計画です。