accident

737MAX

ボーイング737MAX ソフトウェアに新たな問題

今回FAAは、ボーイングがMCASの問題を解決するために開発したソフトウェアに欠陥を発見しました。この欠陥はMCASに関連するものではなく、修正されたソフトウェアが飛行制御コンピュータのプロセッサに起こす障害がないかを確認する過程で、不具合が発生した状況をシミュレートしてチェックしている際に発見されました。
737MAX

Boeing 737Max 改名?

半年間で2件の墜落事故を起こし、現在飛行停止中のBoeing 737MAX。時期はわかりませんが、FAAによる審査が終わり次第、飛行再開されていくと思われます。しかし、安全性が確保されたとしても、エアラインにとってこれだけ悪いイメージを持ってしまった機体に乗客が乗ってくれるのか?という部分は悩みのタネ&ネタです。
accident

空自F-35Aの新たな残骸 海底からエンジンや主翼の一部回収

先月、墜落した自衛隊のF35戦闘機について、岩屋防衛大臣は、現場付近の海底でエンジンや主翼の一部とみられる部品を発見し、引き揚げたことが明らかにしました。 機体が沈んだと見られる現場海域の水深が最も深いところで1500メートルあり、これまでに操縦席の一部などが見つかっていますが、捜索は難航しています。
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (2)

この問題の他への影響は?737には日本企業は関わっていないので、ダメージは少なくても、それ以外の機体への影響と日本への影響は?に関して書きたいと思います。バックグラウンド: 737Maxの墜落事故をきっかけに明るみに出た、FAA航空機安全検査官検査員が無資格で認証を行った可能性が疑われています。また、そのスタッフは墜落事故を起こした737Max8を評価するほか、パイロットの型式限定要件、最低限のトレーニングに関する推奨事項を作成するなど、同型機の認証に重要な役割を果たしてきた組織にも関与しているという疑惑。
accident

空自F-35戦闘機がレーダーから消失 太平洋上で墜落

9日午後7時30分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが、同基地の東約135キロ付近の太平洋上を飛行中、レーダーから機影が消えた。墜落した可能性があり、乗員1人(40代の男性3等空佐との報道がなされている)が行方不明となっている。防衛省は救難機を派遣し、詳しい状況を調べている。
737MAX

Boeing 737Max 減産へ

ライオンエアとエチオピア航空の墜落事故を受けて、ボーイングCEODennis Muilenburg氏は737の生産を4月中旬から20%減産すると発表しました。
737MAX

ボーイング737 MCASシステムのソフトウェアアップデートについて

このアップデートされるMCASについて少し書いてみます。 ● 737のシリーズについて。 ● MCASとは何? ● MCASのアップデート内容は? ● 今回の事故責任はボーイングにあるの?
737MAX

Flight data streaming

In such a "connected" era we are living, addition to “digging” the red box out of the crash site, there are finally good people testing acquisition of flight data live streaming on the ground. Boeing tested such equipment with EcoDemonstrator using FedEx 777F.
737MAX

フライトデータストリーミング

「墜落現場からFDR(フライトデータレコーダー)とCVR(コックピットボイスレコーダー)回収」「墜落機のブラックボックス回収」「海中に沈んだ機体からの回収」...墜落事故があると目にするのではないでしょうか?