A350

A350

エアバスA350 33機のキャンセル

先月末時点でのA350データ更新しました。 A350の受注数量ですが33機のキャンセルが出ています。全て-900シリーズの機体となっています。
A220

2020年 航空機主要メーカーOutlook – Airbus

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Airbus A220 今年はエアバスが米アラバマ州モビールに立ち上げたA220の最終組立(FAL)が始まる年です。 Airbusは「A322」という機体をボーイングのNMA計画がローンチされた場合の対抗機種として計画しています。この機体は - 胴体ストレッチ、新しい主翼デザイン、新型エンジンを採用した「A321 Plus」とも言われています。A320に対しても「Plus」バージョンは計画されています。
777-8

777X関連ニュース(Dec 16th 2019)

Boeing Orders & Deliveries update カンタス航空「プロジェクトサンライズ」 A350-1000選定 Boeing Orders & Deliveries update 先週ボーイングのウェブサイトのOrders & Deliveriesが更新されました。 777Xを見るとUnfilledとなっている引渡し予定数ですが、309となっています。前回の数値からかなり減ったのですが、Emirates Airline(エミレーツ航空)の発注分が前回の150機から115機となっています。
787

日本航空A350型機APUメンテナンスサービス契約締結 – ルフトハンザ・テクニーク

 ルフトハンザ・テクニークと日本航空(JAL)は、航空会社のエアバスA350フリートのAPU(補助電源装置)メンテナンスサービスに関する契約を締結しました。 5年間の契約サービスは、APU HGT1700シリーズの予備サポートとともに修理およびオーバーホールメンテナンスを提供します。現在、JALは最新のA350機に関して56機導入予定です。(31機確定25機オプション)
737MAX

Spirit社 Bombardier社航空機関連工場買収 – 補足

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場買収ニュースに関して追加メモ  10月31日に発表されたこのニュースですが、スピリット社が一度は手放したビジネスジェット事業に戻ったことになります。また、ボーイングvsエアバス機体関連の製造比率も変化しますので、メモ追加します。  今回の買収で旅客・ビジネス機の中でも最新鋭の機体製造にスピリット社が加わる事になります。
777X

エアバス社次世代機翼開発 – WoT

先日の記事でも次世代機開発プログラム ー Wing of Tomorrowに関連した記事を書きましたが、どのような機体開発を目指しているのか、2019年10月末時点で、インターネットをサラッと検索してわかる範囲でまとめてみました。メモまで。 目指すところ このプログラム名Wing of Tomorrowの名前にある通り新しい翼を開発しています。この翼はエアバスが目指す次世代単通路機(Next-generation single-aisle aircraft)に採用されます。