Dassault

Aerospace

次期戦闘機コンセプトから

 令和元年12月20日に掲載された「我が国の防衛と予算(案)-令和2年度予算の概要-」資料の次期戦闘機コンセプト図。 毎回イメージ図は変わっている為、これが最終ではないと思いますが、あえて最新のイメージ図に踊らされてみようと思います。 来年4月から始まる2020年度において、次期戦闘機開発に約280億円(関連経費含む)が含められています。これまで「将来戦闘機」と呼ばれていましたが「次期戦闘機」と変更されています。(→関連記事)
ADAIR

ATAC社 Mirage F1が初フライト

2019年8月22日、Airborne Tactical Advantage Company (ATAC own by Textron)が保有機材のラインナップに加えるためフランスから購入したMirage F-1戦闘機のうち整備が終了した最初の機体が、引渡し後、初のフライトをテキサス州フォートアライアンス空港にて実施しました。アメリカ国内で民間企業が保有する同型機としては世界初となります。飛行した機体は複座型Mirage F1B(N601AX/フランス空軍シリアル番号502)で、飛行時間は30分程のテストフライトでした。