Aerospace

737MAX

737MAX運行再開見通し – ボーイング・リリース

 ボーイングはニュースリリースで737MAXの運航再開について2020年半ば以降との見通しを公表しました。この公表内容は、アメリカ連邦航空局(FAA)や世界各国の規制当局が運航再開を決定する前提です。
777-9

777X 今週初飛行か

 初飛行の日程は明らかになっていませんが、恐らく現地時間23日午前中では無いかと噂されています。技術的問題が解決していることと、天候によりますが。
Aerospace

SB>1 Defiant 飛行試験 100kt到達(動画)

公開された動画は1月13日に行われた飛行試験で30度バンク・ターンの後、100Knotsを越えた様子が収められています。(昨年10月時点では、)2020年第一四半期中に40ktづつ速度を上げながら、最終的に230ktを達成する計画です。 NASAエイムズ研究センターでは、風洞モデルで250ktの風洞試験に成功しています。
737MAX

777X 認可作業の行方

 今月初飛行予定の777X、楽しみです。が、取り巻く状況を考えると前途多難な2020年です。 737MAXの問題で認可作業に多くの追加・修正プロセスが加わっていますが、777X認可に関しても、既存の機体をマイナーチェンジした機体として、当初737MAXが認可されたような比較的容易なプロセスはもう期待できず、737MAXで行われた新たな認可作業などが777Xの認定に追加されることは間違い無いでしょう。777Xや今後この様な「マイナーチェンジ」の機体に対して、全ての検査項目がチェックされていく可能性もあります。
Aerospace

DARPA X-61A Gremlins初飛行

Dynetics社X-61A Gremlins無人機が2019年11月に初飛行しました。 初飛行はユタ州ソルトレイクシティー近郊ダグウェイ実験場(Dugway Proving Ground ; DPG)で行われ、1時間41分の飛行を行いました。初飛行から数ヶ月経っての公表となりました。 ただ、無人機は回収用のパラシュートが作動せず、地表に衝突したとメーカーホームページに掲載されています。
737-10

737MAX 現状と課題

 今月29日にボーイングの2019年決算が発表される予定です。737MAX関連での膨大なコストが明らかになると思います。  現在、生産停止中の737MAXですが、今後どの様な動きがあるのでしょうか?生産再開はいつになるのか、生産レートはどの様な回復をするのでしょうか? 眠いけど、ちょっとメモっておきます。 生産再開時期 生産レート サプライヤーへの影響 対エアバス NMA/FSA キャッシュフロー エアライン
Aerospace

SIERRA TECHNICAL SERVICES社 ステルスUAV「5GAT」

 SIERRA TECHNICAL SERVICES社はカリフォルニア州テハチャピ(Tehachapi, CA)にあるスタートアップ企業で、ロッキード・マーティン社スカンクワークスのエンジニアによって立ち上げられた会社です。同社のプレスリリースで米空軍へ提案するステルスUAVを公開しました。これは「第5世代」標的機として、またローコストの「ロイヤル・ウィングマン」として提案しています。
737-10

米航空会社737MAX商業飛行再開時期

 737MAXに関してFAAからの再認定の時期もなかなか見えない中、エアライン各社も同機の商業飛行再開時期をさらに延長し始めています。 サウスウエスト航空(Southwest Airlines)は、機体をスケジュールに組込む時期を6月6日まで延長しました。
787

米中、第1段階の貿易合意に署名 航空業界への影響

 15日に公表された合意文書によると、中国が2021年12月までの2年間で追加購入を約束したのは航空機を含めた製品777億ドル相当のほか、農産品320億ドル、エネルギー関連524億ドル、サービス関連379億ドルと第1段階合意は中国が極めて幅広く購入を公約しました。 航空機を含めた製品777億ドルに関しては、1年目が329億ドル、2年目が448億ドルとなっています。これには航空機以外に、航空関連の設備機械や電気設備等も含まれますので、アメリカにとってはボーイングをはじめ航空関連の企業にとってはウェルカムなニュースでしょう。
737MAX

ボーイングのサプライヤー2社が対等合併

 ボーイングのサプライヤーであるウッドワード社(Woodward Inc. (WWD))とヘクセル社(Hexcel Corp. (HXL))が対等合併を発表しました。すべて株式交換で実施され、ウッドワードの株主は新会社の55%、残りをヘクセルの株主が保有します。新会社の企業価値は64億ドルに及ぶと見られ、2019年度には約53億ドルの売上高と11億ドルのEBITDAが生み出されると予想されます。両社はボーイング737MAXの墜落事故で同型機の生産が中止されており、それをきっかけにという事、また、航空業界で温暖化対策、排出ガス等への環境問題へのプレッシャー等の影響を受け今回の合併に踏み切ったようです。