Aerospace

737NG

Boeing 737NG「Pickle forks」クラック(Updated 11.14.2019)

ボーイング社737NGシリーズの機体で「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位でクラックが見つかった件に関してアップデートします。 FAAは11月13日Boeing 737NGの機体クラックに関して追加のAirworthiness Directives (ADs、耐空性改善通報) を出しました。クラックが見つかった場所は「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位で、飛行中に同部位を曲げようとするストレス、トルク、空力に耐えている部位となります。この部分に関しては前回のADで検査指示を出していますが、その際に対象となっていた部位以外でもクラックが見つかったことから、エリアを拡大して検査するようにというものです。
Aerospace

インドネシア F-16Vに関心

 インドネシア空軍はLockheed Martin F-16V Block 70/72戦闘機購入に関心を示している様です。機数に関しては2個飛行隊分32機で、装備の近代化プログラムMinimum Essential Force(MEF)にて検討されています。 このプログラムで、インドネシアはロシアのSukhoi Su-35戦闘機も購入することを検討しており、ロシア・米国製機体ミックスの導入を考えていることになります。
737-10

サウスウエストとアメリカン航空 737Maxの復帰時期延期 2020年3月以降へ

ダラスニュースWebサイトによると、サウスウエスト航空(Southwest)とアメリカン航空(American Airlines)は同社の保有する737Maxを来年3月までスケジュールから外すようです。 サウスウエスト航空は737Maxを運用している最大のエアラインですが、これで6回目の復帰延期を行った事になります。前回変更の2020年2月8日から3月6日へとなっています。同社は737Maxの飛行停止により、1日あたり175便のキャンセルを行なっています。
777-9

777X 関連ニュース (2019年11月8日)

 777Xの開発状況に関して少しアップデート/メモ。 ブレードの不具合でGEにリコールされていたGE9Xエンジンですが、10月にボーイングに再納入され、エンジンが取付けられた777Xの写真がSNSでアップされていました。
Aerospace

サーモスタット故障

熱でダウン中。月曜の夜が意外と寒かったようで、ミスです。 熱めのお風呂で、冬山の日本猿をイメージして1時間ほど浸かっておりました。 一方、ニュース的にはあんまり「熱い」ニュースも無かったですよね。。。見れてないというのが正直なところですが、エアバス・ディフェンスが長期にわたって研究していたLOテクノロジーのモデルが公開された事くらいでしょうか?
737MAX

Spirit社 Bombardier社航空機関連工場買収 – 補足

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場買収ニュースに関して追加メモ  10月31日に発表されたこのニュースですが、スピリット社が一度は手放したビジネスジェット事業に戻ったことになります。また、ボーイングvsエアバス機体関連の製造比率も変化しますので、メモ追加します。  今回の買収で旅客・ビジネス機の中でも最新鋭の機体製造にスピリット社が加わる事になります。
737NG

Boeing 737NGで「Pickle forks」クラック(Update)

 ボーイング社737NGシリーズの機体で「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位でクラックが見つかった件に関してアップデートします。 これまで検査した約1,000機の737NGの内、50機が飛行停止(Grounded)となっています。 クラックの詳しい内容については、過去の記事を参照ください。
A220

Bombardier社航空機関連工場 Spirit社へ売却

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場とAsco社買収関連ニュース  カナダ航空機大手ボンバルディア社は10月31日同社のプレスリリースで、同社の航空機関連工場の一部について米国スピリット社(Spirit AeroSystems)へ売却に合意したと発表しました。今回の売却は長くから買い手を探していた、英ベルファストとカサブランカ(モロッコ)の航空機部品&主翼製造工場とテキサス州のMROメンテナンス部門です。(英ベルファスト工場はエアバスA220主翼工場で、モロッコは航空機部品製造工場。)
Aerospace

三菱航空機 TSH社との契約の解消

三菱航空機は、傘下に 3 社のリージョナル航空会社を有するトランス・ステーツ・ホールディングス社(TSH)との契約(Mitsubishi SpaceJet M90: 確定50機、オプション50機)を解消することを発表しました。両社の緊密な協議の結果、現行の契約内容は、米国市場の要求(スコープクローズ)を満たさないことを理由に、本契約を解消することが決定されました。なお、今後の議 論は、スコープクローズに適合するSpaceJet M100 に焦点を当て実施されることとしています。
Aerospace

LMT F-35調達コスト12.7%減へ

米国国防総省F-35ジョイントプログラムオフィスとロッキード・マーティンは10月29日、478機のF-35戦闘機各型をF-35戦闘機プログラム史上で最低価格となる340億ドルで契約しました。この契約には生産ロット12から14までの全てのF-35プログラムにおける米国向け291機、英国等の国際パートナー向け127機、日本や韓国を含む外国軍向けへの販売機60機が含まれています。