Aerospace

787

ボーイング 787 生産ライン統合の可能性

 先週のボーイング社による787減産のニュースから噂されており、ほぼ確実である787生産ラインの統合=エベレットの閉鎖、チャールストン 一本となる可能性に関してメモ。
Aerospace

減産、777X延期、747製造終了 – ボーイング

 ボーイング社は29日に発表された第2四半期のレポートで、2022年に747の製造を終了、2021年に787の生産レートを月産6機へと減産し生産ラインをエベレットかチャールストン のどちらか1箇所に集中させることを検討中、737MAXに関...
777

787, 777X, F-35, COVID-19 アップデート

787、777X、F-35関連のニュースをアップデート。
737MAX

Boeing&Airbus キャッチアップ

 皆様お元気ですか? 色々と人生に変化がありブログも休憩しておりました。ふー。。。なになに?先週のボーイング の発表すら見ていなかったぞ!? 今年だけで737MAXの受注キャンセル800機?暫くニュースがないなと思いましたが、737MAXを虐め倒す以外に気になるニュースがございませんな。
Aerospace

F-35の機体整備拠点の運用開始

 防衛省は2020年7月1日(水)、F-35の機体整備拠点(リージョナル・デポ)の運用を開始すると発表しました。
737MAX

737MAX 3日間の飛行試験を終える

 FAAは今後数週間のうちに行われる予定の737MAX再認可に向けた3日間の飛行試験を終えました。今回の飛行試験は2件の墜落事故から飛行停止となり16ヶ月が経過した737MAXが飛行再開するために重要なプロセスです。
Aerospace

エアバス旅客機生産ライン大規模人員削減へ – COVID-19

 エアバスは「COVID-19 adaption plan」とし今後12ヶ月間で民間旅客機生産部門で15000人の人員削減を行うとしています。これにはヘリコプター、軍事、宇宙に関係する部門は含まれていません。
737-10

Boeing プログラム別アップデート 06252020

 NMAは事実上無くなり、COVIDが世界中の空の旅をフリーズさせ、新規機体への発注も聞かれなくなった今日この頃。ボーイング社のプログラム別アプデートを久しぶりにメモしておきます。
412EPI

SUBARU BELL 412EPX/UH-2

 陸上自衛隊が導入する新多用途ヘリコプターUH-2はUH-1Jの後継機となる機体です。SUBARUが2015年9月に防衛省と締結した試作契約を受け、米国BELL Textron社と共同開発した民間向けSUBARU BELL 412EPXを共通プラットフォームとした双発ヘリコプターです。
737-10

Spirit AeroSystems社 さらに737減産へ

Spirit AeroSystems社はBoeing 737の胴体生産に関して2020年は72機へとさらに減産するようです。