A330-800neo

737-10

航空ニュースアップデート COVID-19

 外出を避け、自宅で小動物を飼いはじめましたら見事にお世話にハマり、書くネタもあまり無いのでアウェイになっておりました。  国土交通省の「国土交通月例経済」2020年4月号によると、3月の国際線旅客数の速報値は45万2000人(前年同月比72.9%減)、国内線は416万3000人(53.9%減)で、2カ月連続で前年を下回っています。 旅客業界が先ず打撃を受けていますが、航空機製造業も厳しい状況です。
A220

AIRBUS生産レート – 減産へ

AIRBUSウェブサイトより 同社はA320、A330、A350の生産ラインに関してCOVID-19の影響により減産すると発表しました。
A220

2020年 航空機主要メーカーOutlook – Airbus

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Airbus A220 今年はエアバスが米アラバマ州モビールに立ち上げたA220の最終組立(FAL)が始まる年です。 Airbusは「A322」という機体をボーイングのNMA計画がローンチされた場合の対抗機種として計画しています。この機体は - 胴体ストレッチ、新しい主翼デザイン、新型エンジンを採用した「A321 Plus」とも言われています。A320に対しても「Plus」バージョンは計画されています。
737MAX

ボーイングNMA、FSA、、、

 12月4日、米ユナイテッド航空(United Airlines)は3日、古くなったボーイング(Boeing)757-200型機と置き換えるために、エアバス(Airbus)A321XLR型機を50機注文したと発表しました。 一方で、以前から言われていたFSA(Future Small Airplane)と呼ばれる別の新しい機体に関してもアメリカ、ヨーロッパ、リース会社のオペレーターに対して、マーケット調査が行われています。この機体は、737Max8よりも大きく、180から210席ほどの規模の機体と言われています。737Max 10があるのにこの話が出てくるということは、737Maxの後継機開発する方向も探っていると思われます。
737MAX

Spirit社 Bombardier社航空機関連工場買収 – 補足

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場買収ニュースに関して追加メモ  10月31日に発表されたこのニュースですが、スピリット社が一度は手放したビジネスジェット事業に戻ったことになります。また、ボーイングvsエアバス機体関連の製造比率も変化しますので、メモ追加します。  今回の買収で旅客・ビジネス機の中でも最新鋭の機体製造にスピリット社が加わる事になります。
A220

Bombardier社航空機関連工場 Spirit社へ売却

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場とAsco社買収関連ニュース  カナダ航空機大手ボンバルディア社は10月31日同社のプレスリリースで、同社の航空機関連工場の一部について米国スピリット社(Spirit AeroSystems)へ売却に合意したと発表しました。今回の売却は長くから買い手を探していた、英ベルファストとカサブランカ(モロッコ)の航空機部品&主翼製造工場とテキサス州のMROメンテナンス部門です。(英ベルファスト工場はエアバスA220主翼工場で、モロッコは航空機部品製造工場。)
737MAX

新エンジン搭載 ボーイング767(-X) 再検討

ボーイング社が新エンジンを搭載したB767の貨物機と旅客機モデルについて検討していることがわかりました。 これはFlightGlobal誌が最初に取り上げた情報ですが、「767-XF」というプロジェクトネームで、既にある機体プラットフォームを使用して将来的な貨物機を検討しているようです。 ベースとなる機体は767-400ERで、GE社製GEnxエンジン2発を搭載した形のようです。エンジンは既存のエンジンより大きくなる為、ランディングギアをより長いスタイルに再設計する必要があります。
737-10

旅客機引渡しスケジュール予想 2019-2029

今後10年間で16機種程の旅客機がデビューし、航空会社に引き渡されていく予定です。 (ボーイングがNMAをローンチするとした場合です。) それぞれの年にどの様な機種が予定されているのか整理してみます。