FAA

737NG

Boeing 737NG「Pickle forks」クラック(Updated 11.14.2019)

ボーイング社737NGシリーズの機体で「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位でクラックが見つかった件に関してアップデートします。 FAAは11月13日Boeing 737NGの機体クラックに関して追加のAirworthiness Directives (ADs、耐空性改善通報) を出しました。クラックが見つかった場所は「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位で、飛行中に同部位を曲げようとするストレス、トルク、空力に耐えている部位となります。この部分に関しては前回のADで検査指示を出していますが、その際に対象となっていた部位以外でもクラックが見つかったことから、エリアを拡大して検査するようにというものです。
737NG

Boeing 737NGで「Pickle forks」クラック(Update)

 ボーイング社737NGシリーズの機体で「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位でクラックが見つかった件に関してアップデートします。 これまで検査した約1,000機の737NGの内、50機が飛行停止(Grounded)となっています。 クラックの詳しい内容については、過去の記事を参照ください。
Aerospace

三菱航空機「スペースジェット」初号機納入延期へ調整

10月19日付の日本経済新聞によると、三菱航空機は開発中のスペースジェットM90の初号機納入について6度目の延期に向けて調整に入ったようです。「6度目」でもう慣れてきたので、ここではスペースジェット「初」の延期としてフレッシュな感じに書き換えましょう。 理由としては機体開発の遅れで国土交通省からの型式証明(TC)取得作業が長引いているためとのこと。機体開発の遅れの部分については、機体配線の部品不具合で長引いているようです。 この延期により最初の顧客であるANAへの引き渡しが2021年半ばにずれ込むようです。
737-10

737Max 飛行再開時期

1つ前の記事で737Maxに関する新たなニュースを取り上げましたが、これは10月18-19日辺りのニュースでした。影響が今後どう出るかはわかりませんが、米国のエアラインの737Max飛行再開に関しても、その時期を先延ばしするというニュースが幾つかありましたのでアップデートしておきます。 ● エアラインの動き ● 各国航空当局の動き
737MAX

737Max MCASに関し欠陥隠蔽か

下記の2つの新たなニュースがありました。737Maxの飛行再開が更に延びる可能性があります。先週のニュースですが、メモまで。。 ● パイロット間のメッセージやり取りは米連邦航空局に報告されず(2016年) ● ボーイング社MCASについてトレーニング資料から省くことをFAAに求めた(2017年)
737-10

737Max スペシャルレポート

 カタール衛星テレビ局アルジャジーラ(الجزيرة Al Jazeera)が737Maxの事故に関して、全体的にまとめた30分の動画が公開されています。 昨年〜今年インドネシアとエチオピアで起きた2件の737Max墜落事故から、3月の飛行停止処置、その後の動きを、被害者、パイロット、FAAに認定の裏を知る人たちの視点と、1年間に起きたことを判り易く、シンプルにまとめてあると思います。
737MAX

Boeing 737NGで「Pickle fork」にクラックが見つかる (1)

FAA(連邦航空局)はBoeing 737NGの機体にクラックが見つかったとして同型機を運用するエアラインに向け機体検査指示を出しました。クラックが見つかった場所は「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位で、飛行中に同部位を曲げようとするストレス、トルク、空力に耐えている部位となります。
737-7

737Maxの飛行再開 10-12月期目指す 

(現地時間9月11日)ボーイングのデニス・マレンバーグ会長、社長兼CEOは、墜落事故が相次いだ737Maxについて、今年10-12月期(第4四半期)の早い時期に運航再開を目指す考えを、ラグナビーチで行った講演で改めて示しました。2件の墜落事故の要因になったとみられる737Maxで新たに採用した失速防止システム「MCAS: Maneuvering Characteristics Augmentation System(操縦特性向上システム)」の改修が進んでいることを強調したようです。
737MAX

FAA AOAセンサーに関して注意喚起

米国連邦航空局(FAA)は「Information for Operator - 19009」(航空安全情報)を発行し、運用者に対して迎角(AOA)センサーが簡単に損傷する可能性があることを思い出させ、安全な飛行操作を確保するために、注意深く保守する必要があることを明記しています。