AIRBUS320neo

Aerospace

航空機・機体部品製造メーカー状況アップデート COVID-19 (04/08/20)

 外出自粛で運動不足と、書きたいネタがいまいち見つからずタイピング量減少でカロリー消費が少ないですね。体重増えました。。。 前回の「航空機・機体部品製造メーカー状況アップデート COVID-19」の記事から十日ほどですが、業界はスローダウンの一方です。
A320neo

Spirit AeroSystems社 スポイラー製造新工場

 Spirit AeroSystems社はスコットランドのプレストウィックに新しい複合材製造施設を開設したと発表しました。この施設はSpirit AeroSystems社が保有する高度な複合材技術を活用し、エアバスA320ファミリー向けスポイラーの製造が行われます。
737-10

737MAX 現状と課題

 今月29日にボーイングの2019年決算が発表される予定です。737MAX関連での膨大なコストが明らかになると思います。  現在、生産停止中の737MAXですが、今後どの様な動きがあるのでしょうか?生産再開はいつになるのか、生産レートはどの様な回復をするのでしょうか? 眠いけど、ちょっとメモっておきます。 生産再開時期 生産レート サプライヤーへの影響 対エアバス NMA/FSA キャッシュフロー エアライン
A220

2020年 航空機主要メーカーOutlook – Airbus

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Airbus A220 今年はエアバスが米アラバマ州モビールに立ち上げたA220の最終組立(FAL)が始まる年です。 Airbusは「A322」という機体をボーイングのNMA計画がローンチされた場合の対抗機種として計画しています。この機体は - 胴体ストレッチ、新しい主翼デザイン、新型エンジンを採用した「A321 Plus」とも言われています。A320に対しても「Plus」バージョンは計画されています。
A220

Bombardier社航空機関連工場 Spirit社へ売却

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場とAsco社買収関連ニュース  カナダ航空機大手ボンバルディア社は10月31日同社のプレスリリースで、同社の航空機関連工場の一部について米国スピリット社(Spirit AeroSystems)へ売却に合意したと発表しました。今回の売却は長くから買い手を探していた、英ベルファストとカサブランカ(モロッコ)の航空機部品&主翼製造工場とテキサス州のMROメンテナンス部門です。(英ベルファスト工場はエアバスA220主翼工場で、モロッコは航空機部品製造工場。)
777X

エアバス社次世代機翼開発 – WoT

先日の記事でも次世代機開発プログラム ー Wing of Tomorrowに関連した記事を書きましたが、どのような機体開発を目指しているのか、2019年10月末時点で、インターネットをサラッと検索してわかる範囲でまとめてみました。メモまで。 目指すところ このプログラム名Wing of Tomorrowの名前にある通り新しい翼を開発しています。この翼はエアバスが目指す次世代単通路機(Next-generation single-aisle aircraft)に採用されます。
737MAX

ジェットエンジン – ターボファンエンジン燃費効率

過去10年間で旅客機用エンジンが成し遂げた燃費改善について  * 一番触りやすいバイパス比BPR  * 高い技術が要求されるエンジンコアと燃費の関係 今後デビューするエンジンがどれだけ燃費等で改善できるのか?  * 物理的限界 まとめ&新たな推進方式
737MAX

A321neoに続きA320neoでも飛行制御プログラムに不具合

エアバスは、A320neoの飛行制御システムにおいて、新たな潜在的脆弱性を見つけたとのことです。これは先日ニュースとなったA321neo上のエレベーターとエルロンコンピューターでの動作上の問題がありましたが、別の新たな問題となります。(似たような不具合です。)
737MAX

Paris Air Show 2019 – 受注まとめ

パリエアショー 2019終了時の受注状況をまとめました。 エアバス50周年を記念する年でしたが、前回、前々回と比べると、全体的な受注数は低く、静かなショーでした。 全体的にはエアバスが受注数を伸ばし、合計388機の受注をしました。対してボ...
737MAX

Paris Air Show – Airbus outrace Boeing at their home game

パリエアショー3日目も終了し以下のような状態です。 ボーイングもIAGから737MAXを200機を受注し、驚かせるニュースも昨日ありましたが、やはり737MAXの事故で失ったボーイングの信頼は、取り戻すのに時間がかかると思わせる内容です。ボーイングが受注したオーダーの多くが、LoI(Letter of Intent)であり、ファームオーダーでは無いというのが、それを物語っています。まあ、エアショーではそのレベルでいいんですが。