737MAX10

737MAX

ボーイングNMA、FSA、、、

 12月4日、米ユナイテッド航空(United Airlines)は3日、古くなったボーイング(Boeing)757-200型機と置き換えるために、エアバス(Airbus)A321XLR型機を50機注文したと発表しました。 一方で、以前から言われていたFSA(Future Small Airplane)と呼ばれる別の新しい機体に関してもアメリカ、ヨーロッパ、リース会社のオペレーターに対して、マーケット調査が行われています。この機体は、737Max8よりも大きく、180から210席ほどの規模の機体と言われています。737Max 10があるのにこの話が出てくるということは、737Maxの後継機開発する方向も探っていると思われます。
737-10

Boeing 737MAX 10 降着装置について

 11月22日ワシントン州レントン工場で社内向けにローンチされた737MAX10に関して、長胴モデルであることは先週の記事でメモしました。 長胴モデルである為、降着装置(ランディングギア)も更新されていることに関しては、詳しい記事があまり出ていないので追加メモ。
737-10

Boeing 737 MAX 10 静かにローンチ

11月22日 ボーイングはワシントン州レントンの工場で737シリーズの長胴モデルとなる737MAX10をローンチしました。通常は派手なイベントが行われますが、ご存知の通り飛行停止中の機体の為、どちらかというと静かに社員向けで行われたイベントの様です。 このイベントではボーイングのVPとGMから社員に向け、チームで達成した成果と努力がハイライトされました。