スポンサーリンク

ボーイング 737Maxと777Xオクラホマ州での試験飛行を検討中

 ボーイング社は737MAXと777Xに関して、それぞれ飛行再開と初飛行実施後、オクラホマ州郊外にある空港での試験飛行を検討しています。

空港はオクラホマ州ワシータ郡バーンズフラットにあるクリントン・シャーマン空港です。地図で見るとアメリカのど真ん中にある空港ですね。オクラホマシティから160キロ程の場所で、車で1時間半〜2時間ほどの場所です。

今後のスケジュールに関して、先週水曜日に同空港と施設を管理する州政府事務所(Oklahoma Space Industry Development Authority)にて話し合いが行われたようです。

州政府関係者によると、ボーイングは早ければ3月から同空港を使用したいと考えているものの、正確な時期については未定だとのこと。ボーイング社も話し合いが行われたことは認めているものの、守秘義務の観点から、どのような機体がどのようなテストを行うかの情報は出ていません。

現時点で、確定された契約等はまだ無く、次回2月末に再度話し合いが行われる予定です。

ボーイングによるとMAXの再認定に向けた試験飛行はシアトルエリアで行われる為、クリントン・シャーマン空港での試験飛行は、製造された機体の引渡し前のテストフライトになると思われます。

777Xに関しても初飛行を行った後の試験をクリントン・シャーマン空港で実施することを計画しているようです。

州政府関係者によると、ボーイングの試験飛行は少なくとも1ヶ月以上行われ、会議に出席した同空港の燃料会社は半年程のオペレーションを検討しているようです。

クリントン-シャーマン空港は第二次大戦中1943年に海軍基地として作られ終戦まで使用されました。その後、1950年代終わりに管理が米空軍戦略航空軍団に変わっています。

ボーイング社は同空港の長さ2.55マイル(4.1km)の滑走路を以前にも使用したことがあり、2013年に737の自動着陸装置の試験の際と、2015年に747-8の技能訓練と飛行試験の為に使用しています。

参照先:
https://oklahoman.com/
https://en.wikipedia.org/wiki/Clinton-Sherman_Air_Force_Base