KoreanAirLines

777X

エアバス社次世代機翼開発 – WoT

先日の記事でも次世代機開発プログラム ー Wing of Tomorrowに関連した記事を書きましたが、どのような機体開発を目指しているのか、2019年10月末時点で、インターネットをサラッと検索してわかる範囲でまとめてみました。メモまで。 目指すところ このプログラム名Wing of Tomorrowの名前にある通り新しい翼を開発しています。この翼はエアバスが目指す次世代単通路機(Next-generation single-aisle aircraft)に採用されます。
Aerospace

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門) MD500ヘリコプター無人飛行に成功

KAL-ASD(大韓航空航空宇宙部門)はMD500ヘリコプターをベースにした無人機型500MD(KUS-VH)を初飛行させました。これは既存有人機を無人機運用するプログラムの一環としてKAL-ASDが行なっているものです。この500MD(KUS-VH)にはボーイングが韓国にてデモ飛行を行なったボーイング H-6U Little Bird無人ヘリコプタープログラムの技術使用されています。
Aerospace

「Wing of Tomorrow」- 大韓航空とSpirit社が加わる

大韓航空はエアバスの「Wing of Tomorrow」プログラムに参画する契約を締結しました。(6月19日付) 「Wing of Tomorrow」はエアバスの次世代高生産翼開発プログラムで、航空機の翼の生産を迅速化し、コスト低減の為の最善の材料とその製造プロセス、組立技術を追求することで、航空機の空力と環境効率の改善を主な目標としています。