スポンサーリンク

「Wing of Tomorrow」- 大韓航空とSpirit社が加わる

大韓航空はエアバスの「Wing of Tomorrow」プログラムに参画する契約を締結しました。(6月19日付)
「Wing of Tomorrow」はエアバスの次世代高生産翼開発プログラムで、航空機の翼の生産を迅速化し、コスト低減の為の最善の材料とその製造プロセス、組立技術を追求することで、航空機の空力と環境効率の改善を主な目標としています。
大韓航空は2009年からA320向けに2,800以上のウィングチップ(翼端部品)を納入してきました。2016年にはA330neo向けのウィングチップのサプライヤーにも選定されています。
ボーイング737向けのウィングレットも製造しており、787プログラムでは胴体と翼の構造材も製造しています。

米国カンザス州ウィチタに本部のあるSpirit Aerosystems社も、同計画への参画を発表しており(6月18日付)、リーディングエッジ(翼前縁)、ウィングボックス、ロアウィングカバー等の部位に関して開発を行うようです。
Spirit社ホームページでは、コンポジットレジンインフージョンのシミューレーションツールの使用について述べており、コスト低減に向けてNCF材(Non-Crimp Fabric)が使用される部位もあるようです。

For example, on one of the projects, Spirit is using cutting-edge composite resin-flow simulation tools to successfully infuse a seven-meter lower wing cover — short-circuiting the trial-and-error approach typical for extremely complex resin infusion processes. The demonstrator is a major step towards delivering a full-scale, resin-infused lower cover to Airbus. Spirit continues to leverage and enhance its patented Intelligent Resin Infusion System (IRISTM) to develop lower-cost, higher-performing structures.

“These projects are not just about composite infusion technology,” Black said. “Using digital design and manufacturing approaches, we’re developing the product in parallel with the production system. In collaboration with the National Composites Centre (Bristol, U.K.) and Advanced Forming Research Centre (Strathclyde, U.K.), we’re also developing highly automated fabrication and inspection technologies. 

エアバスと協力企業は、このプログラムで先ずは5m(16ft)のサンプル(デモンストレーター)を製造し、2020年にはフルサイズの製品を3セット製造する計画です。プログラムの完了は2022年となっています。

参照リンク:
https://www.flightglobal.com/news/articles/airbus-recruits-koreans-aerospace-arm-for-future-wi-459246/
https://www.spiritaero.com/release/137038/spirit-aerosystems-announces-collaboration-role-on-airbus-wing-of-tomorrow-program
https://www.airbus.com/newsroom/news/en/2017/01/Wings-of-the-future.html
https://www.koreanair.com/global/ja/about/economic-responsibility-investor-relations/our-business/AerospaceBusiness.html