V-280

Aerospace

米陸軍FLRAA Bell社とSikorsky-Boeing社案が次のフェーズへ(3/18/2020一部追加更新)

米陸軍はFVL計画の一つである将来型長距離強襲機(FLRAA:Future Long Range Assault Aircraft)に関して、Bell社とSikorsky-Boeing社案を選定しました。契約(Competitive Demonstration and Risk Reduction Contract)の額は公開されていません。これにより2社は2021年の開発企業選定に向けて進むことになり、最終選定された機体は陸軍で1979年に運用が開始されたシコルスキーUH-60ブラックホークの後継機種となります。
Aerospace

SB>1 Defiant 飛行試験 100kt到達(動画)

公開された動画は1月13日に行われた飛行試験で30度バンク・ターンの後、100Knotsを越えた様子が収められています。(昨年10月時点では、)2020年第一四半期中に40ktづつ速度を上げながら、最終的に230ktを達成する計画です。 NASAエイムズ研究センターでは、風洞モデルで250ktの風洞試験に成功しています。
Aerospace

Bell V-280 自律飛行に向けソフトウェアのテスト進む

 Bell社は開発中のV-280の自律飛行試験に向けた準備を進めています。機体に自律飛行のためのソフトウェアが最近インストールされました。 同社は12月上旬からソフトウェアー機体との適合性チェックを進めています。それらが終了次第自律飛行ソフトウェアのフライトエンベロープの拡張を行い、今後数ヶ月以内に自律飛行を実施させる計画です。
Aerospace

BELLとROLLS-ROYCEがエンジン開発で協力

Bell社HPのニュースによりますと、同社とRolls-Royce社は、BellのV-280 ValorおよびV-247 Vigilantティルトローター用のターボシャフトエンジンオプションを開発すること合意したとのことで、現在飛行試験中のV-280 ValorはGE AviationのT64-GE-419エンジンを搭載していますが、将来の機種にはRolls-Royceエンジンを選択することも出来るようになります。
Aerospace

V-22 Osprey 三十路

米国防総省が4軍共同の「統合垂直離着陸研究」(JVX, Joint-service Vertical take-off/landing eXperimental)という名称の計画で新型機の開発を行い、初飛行は1989年3月19日でした。