Nobu Sato - Naviator

Aerospace

GE 最新のアダプティブ サイクル エンジン テストを完了し、アダプティブ エンジン移行プログラムの取組みを成功裏に終了

米空軍とGE社は、空軍のアーノルド エンジニアリング開発コンプレックス (AEDC) でのGEの2番目の XA100 アダプティブ サイクル エンジンのテストを成功裏に終了しました。AEDC でのテストが完了したことで、GEは2016年に開始された空軍のアダプティブエンジン移行プログラム (AETP) の最終的な主要契約マイルストーンを達成しました。
Aerospace

ボーイング 777X貨物機ローンチ 777-8 Freighter

 ボーイングは次世代大型機777Xをベースとした貨物機「777-8 Freighter(フレイター)」をローンチしたと発表しました。ローンチカスタマーはカタール航空で、納入開始は2027年を予定しています。
Aerospace

飛行教導群所属F-15、離陸後1分で墜落 オレンジ色の光も目撃される

 航空自衛隊小松基地にある飛行教導群所属のF-15戦闘機が小松基地近くの日本海上空で消息を絶った事故で、同機は離陸から約1分後に墜落したとみられることがわかりました。基地から西北西約5キロの日本海上空でレーダーから消えており、周辺海域では機体の一部が発見されたようです。
Aerospace

米海軍のF-35C 南シナ海で着艦失敗 引き上げは…

 米海軍の太平洋艦隊は24日、南シナ海で通常飛行をしていた最新鋭ステルス戦闘機F-35Cが空母「カール・ビンソン」への着艦に失敗し、パイロットを含む7人が負傷したと発表しました。
Aerospace

米国5G開始で一部のフライトがキャンセルに

 世界のエアラインとFAAが反対したにも関わらず、FCC(Federal Communications Commission)はVerizonとATTに対して、米国にある空港のアプローチパスの下に5G基地局の設置を認めました。
Aerospace

米空軍KC-46A給油機アップデート

 米空軍はボーイング社がKC-46Aで問題になっていたRVS(Remote Vision System)の改修版となるRVS 2.0を認可する前に、パノラミック・ディスプレー・システム(パノラマ映像表示システム)に関しても問題を解決する必要が出てきました。航空自衛隊でも引き渡しが始まった今機体にどんな問題が残っているのでしょうか?のメモ。
Aerospace

Boeing 787HGWバージョン

+1,000nm(1852km)飛行距離を伸ばすには、より多くの燃料が必要となります。(この追加の燃料を確保するためには、燃料スペース、追加された重量へのエンジン推力と強化された降着装置も必要になります。)1000nm飛ぶ為には、更に2時間12分分の燃料が必要となります。燃費が4.9t/時間として、 燃料を増やすと効力も増えますので、10.8t(4.9t x 2.2時間)よりも多めの重量が必要となります。プラス、2.2時間追加して飛ぶことに対する予備燃料も加えなければなりません。
Aerospace

Rostec社 開発中の新型第5世代戦闘機 チェックメイト の無人機タイプを公開

 ロシア国営Rostec社は傘下の統一航空機製造会社UACのスホイ設計局で開発中の第5世代戦闘機「チェックメイト」の無人機タイプを公開しています。
Aerospace

中国 艦載ステルス戦闘機の試験飛行

 ソーシャルメディアを通してFC-31ステルス戦闘機の艦載機バージョンと推測される写真が公開されています。中国海軍の空母運用において重要な役割が期待されています。 この機体が艦載ステルス戦闘機だとすると、米国以外では初となります。 ソー...
787

787月産5機へのレートダウンは今年3月に前倒し 更なるレートダウンの可能性有り

 ボーイングは1月末に2020年通期決算及び第4四半期決算(2020年9-12月)を発表しました。この中で787に関しては生産レートを今年3月から月産5機化することを表明しています。従来は今年6月頃に月産5機とする見通しだったが、減産計画...