737NG

737MAX

737MAX関連 アップデート

737MAX関連久しぶりにメモ ・ シミュレータートレーニングと飛行再開時期 ・ 無許可のセンサー使用で罰金 シミュレータートレーニングと飛行再開時期  FAAはボーイングに対し、運航停止中の737MAXのフライトシミュレーター試験で同社の乗務員が適切な手順を行えなかったとして、同社パイロットには緊急時の対応に関する新たな訓練が必要になる可能性があると伝えました。
737MAX

NMA振り出しに戻る 全く別機体の開発?(一部更新2020/2/3)

振り出しに戻る。。。ようですね。 昨年色々とどうなるの?書きましたが、NMAに関してもFSAに関しても振り出しに戻るというところです。23日付のREUTERSの記事(最後にリンク記載)などを参考にメモってみます。 NMAとFSAに関しては先ず: ● NMAのマーケットの変化 ● 737後継機 - FSA をまとめると、今後どのような機体をゼロから検討し直す必要があるのか少し見えてくるかと思います。
737NG

イラン首都テヘランでウクライナ国際航空737が墜落 180人搭乗(更新)

 8日午前、イランの首都テヘランでウクライナ国際航空の737-800型機が墜落しました。 機体の登録番号はUR-PSRで、同航空に2016年に引き渡されたばかりの新しい機体です。同型機は世界中で現在活躍中の信頼性の高い737NGシリーズです。
737-10

ボーイング 737MAXパイロットへのシミュレーター教育求める

 ボーイングは7日、2度の墜落事故を起こした新型機「737MAX」について「パイロットにフライトシミュレーターでの訓練を推奨する」との声明を出しました。ボーイングはこれまで旧モデル「737NG」の飛行経験があればシミュレーターによる訓練は不要としていて、コンピューターを使用したトレーニングのみを必要としていました。 米連邦航空局(FAA)はボーイングの提案に関して検討していますが、MAXの飛行再開にあたって具体的なトレーニング内容に関しては明らかにしていません。
737-10

Boeing 737 機体配線に関して調査中

2020年ボーイング737関連ニュース1発目はこれです。 MAXの再認定に向けて作業が進む中、新たな配線の問題が表面化し、機体の商業飛行再開をさらに遅らせる可能性が出てきました。New York Times紙によると2つの致命的な墜落事故を引き起こしたと考えられるMCASソフトウェアの欠陥を超える新たな配線問題が発生したと取り上げています。
737-10

2020年 航空機主要メーカーOutlook – ボーイング

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Boeing 737MAX これを書いている時点で、生産はストップしています。昨年3月13日から10ヶ月近く飛行停止になった状態で、生産を昨年末まで続け400機近くの機体が完成した状態で保管されていることになります。
737-10

737MAX 二度と飛ばない可能性は?

現時点で生産停止に関しては3ヶ月から半年と噂される中、航空専門家の中には737MAXが二度と飛ばないという意見もあります。 これには製造停止で廃業するメーカーなどが出た場合、サプライチェーンが破綻し737MAXの製造が将来的に不可能となるケースです。
737NG

Boeing 737NG「Pickle forks」クラック(Updated 11.14.2019)

ボーイング社737NGシリーズの機体で「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位でクラックが見つかった件に関してアップデートします。 FAAは11月13日Boeing 737NGの機体クラックに関して追加のAirworthiness Directives (ADs、耐空性改善通報) を出しました。クラックが見つかった場所は「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位で、飛行中に同部位を曲げようとするストレス、トルク、空力に耐えている部位となります。この部分に関しては前回のADで検査指示を出していますが、その際に対象となっていた部位以外でもクラックが見つかったことから、エリアを拡大して検査するようにというものです。
737NG

Boeing 737NGで「Pickle forks」クラック(Update)

 ボーイング社737NGシリーズの機体で「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位でクラックが見つかった件に関してアップデートします。 これまで検査した約1,000機の737NGの内、50機が飛行停止(Grounded)となっています。 クラックの詳しい内容については、過去の記事を参照ください。
737MAX

737Max MCASに関し欠陥隠蔽か

下記の2つの新たなニュースがありました。737Maxの飛行再開が更に延びる可能性があります。先週のニュースですが、メモまで。。 ● パイロット間のメッセージやり取りは米連邦航空局に報告されず(2016年) ● ボーイング社MCASについてトレーニング資料から省くことをFAAに求めた(2017年)