Active Rotor

360 Invictus

FARA デザインコンセプト 各社まとめ

米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプトは全5社に絞られた中、ボーイング社以外の4社が機体デザインを公開しています。このサイトでも取り上げましたがまとめてみたいと思います。公開日順です。 AVX Aircraft & L3 Technologies team BELL Sikorsky(LMT) Karem Aircraft Boeing
Active Rotor

カレム・エアクラフト社 攻撃偵察ヘリコプターFARAコンセプトAR40公開

 カレム・エアクラフト社(Karem Aircraft社)はAUSA2019展示会で米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体コンセプト「AR40」を公開しました。 コンセプト機「AR40」は、陸軍が市街地での戦闘を考慮して40平方フィートに収まるサイズを要求していることから”40-ft. Active rotor”を略した名前となっているようです。 機体構成は、メインローターが3枚のアクティブローターで構成されており、胴体左右にFARAプログラムコンセプト機では最大と思われる翼、スイベル式のテールローターを採用したコンパウンドヘリコプターです。