航空宇宙

航空宇宙に関連するニュース、意見等をコメントしていきます。

Aerospace

航空機 エコへの取り組み

ボーイングやエアラインが取り組んでいるエコへの取り組みをいくつか取り上げます。
Aerospace

LM社 5年以内にレーザー兵器の航空機搭載へ

ロッキードマーティンは、防御レーザー兵器を5年以内に航空機に搭載するようです。 このポッド式の戦術空中レーザー兵器システム(Tactical Airborne Laser Weapon System - TALWS)は、空対空ミサイルや地対空ミサイルなど、向かってくる戦術ミサイルを撃墜するために使用されます。
Aerospace

米空軍NGAD実証機 既に飛行試験中

 米空軍は既に次世代戦闘機 - Next Generation Air Dominance(NGAD)の実証機の初飛行を済ませ、試験飛行を開始していることが、9月15日バーチャルで行われたAir, Space&Cyber Conferenceで明らかになりました。これまでに無い方法で記録的な速さのもと機体の組み立てが進み初飛行を済ませたようです。
Aerospace

ロイヤルウイングマン初パワーオン ボーイング豪

 ボーイングオーストラリアは、開発中のAirpower Teaming System(ATS)の無人の「忠実なウィングマン」航空機の最初のエンジン稼働を実施しました。 これは無人システムの今年後半に計画されている初飛行に向けた地上試験の一部です。
Aerospace

AMRAAMミサイルアップグレード

 米空軍はレイセオン社と4年間1億2500万ドルの契約を締結し、米海軍と空軍のAIM-120 AMRAAM - Advanced Medium-Range Air-to-Air Missileのアップグレードを行う計画です。
787

787 垂直尾翼シムに新たな問題

 ボーイングは、787型垂直尾翼に関連する別の製造上の問題があることを明らかにしました。これは、ここ数週間で明らかになった4番目の製造上の問題で、787の垂直尾翼セクションのシム(shim)に特に関連しているようです。
787

787-8の今後 更なるコストダウンと設計変更

 ボーイング社はあまり販売に積極的でなかった787-8に関して設計変更とコストダウンを行い、COVID-19以後の小型の機体ニーズに対応できるように考えているというメモ。
737-7

ボーイング次世代機 NBA – Next Boeing Airplane

 ボーイング社は787 の生産ラインをサウスカロライナに移動する可能性が大ですが、そうなるとエバレットの余った施設で新型機の開発&製造を行うという流れが予想できますが、ボーイング次世代機NBA - Next Boeing Airplane はどうなるのでしょうか?メモってみます。 ・NBA - Next Boeing Airplane ・NMA Liteとは?ローンチするならいつ頃?EIS? ・FSAとは?ローンチするならいつ頃?EIS? ・NMA LiteとFSAを同時期開発?リスクは? ・EmbraerとのJV(Joint Venture)解消 検討再開の可能性は? ・MHI三菱重工とのパートナーの可能性は?
737MAX

737MAX 再認証取得に向けて設計変更

FAAによる再認証に向けて作業が進められている737MAXに関してアップデート。  FAAは737MAXの再認証に向けたAD(耐空証明)の内容を発表しています。内容はMCASとAOAセンサーに関して主に4つの分野の設計変更を求めたものです。詳細は45日間のコメント受け入れの為に公開されているNPRM(The notice of proposed rulemaking)の資料と、FAAによる暫定レビューの資料で見ることができます。(このレビューの内容は暫定であり、作業が進められる中でアップデートが加えられる可能性もあります。)
787

ボーイング 787 生産ライン統合の可能性

 先週のボーイング社による787減産のニュースから噂されており、ほぼ確実である787生産ラインの統合=エベレットの閉鎖、チャールストン 一本となる可能性に関してメモ。