UH-1

Aerospace

フィリピン空軍UH-1飛行復帰へ 日本からのスペアパーツを使用

 フィリピン空軍(PAF)の第205戦術ヘリコプター部隊のUH-1「ヒューイ」ヘリコプター合計7機は、今年3月に日本政府から譲渡されたスペアパーツの使用により、飛行再開しミッション対応可能になると、PNA(Philippine News Agency)で明らかになっています。 発表の中で、検査チームがスペア保管庫から7機のヘリコプターを運用状態に戻すのに必要なアイテムを見つけたようです。
A-29 Super Tucano

フィリピン空軍 ヨルダンから寄贈のAH-1攻撃ヘリ2機は2020年受領予定

 フィリピン空軍はヨルダンから寄贈されるAH-1攻撃ヘリに関して、当初、今月予定されていましたが、来年受領となる見通しです。操縦士訓練の遅れが原因のようです。 フィリピンは近年、南島のミンダナオ島で続く戦闘への対処や、南シナ海における中国の攻撃的な領土主張にも対応する為、軍の装備近代化を図っています。
Aerospace

米空軍研究所 ロボットがセスナ機で2時間飛行

8月9日、米空軍研究所(AFRL)とDzyne Technologies社(カリフォルニア州アーバイン)が共同で開発したロボットシステムが1968年製セスナ206の飛行に成功し、ユタ州ダグウェイ試験場で2時間に及ぶデモフライトを実施したようです。その様子をYoutubeで見ることが出来ます。これは「Robotic Pilot Unmanned Conversion Programme」といわれる実験で、ロボットが人間が操縦するのと同じように飛行機を操縦させることを目指したものです。ロボットシステムは「Robopilot」と呼ばれているそうで、そのままですね。。
Aerospace

ヘリコプターに無人飛行システム搭載

少し前のニュースになりますが、このメーカーは2017年末にONR(アメリカ海軍研究局)のAutonomous Aerial Cargo Utility System (AACUS) というプログラムで、海兵隊のUH-1Hヘリコプターの自律飛行を成功させました。
Aerospace

フィリピン空軍へ陸自UH-1Hスペアパーツの引渡し式が行われる 

平成31年3月19日、クラーク空軍基地においてUH-1Hスペアパーツの比空軍への移転を記念する式典が開催されました。今回譲渡したのは譲渡で合意している約1400種類・約4万点の部品等の一部で、フィリピン空軍のC-130Tで空輸されたもの。残りの部品等は今後フィリピン海軍によって海上輸送されます。