777X

777-9

777X初飛行 – Jan 25th 2020 –

三度目の正直でしたね。 2度延期の後、1月25日無事に初飛行を成功させました。 ペイン・フィールドを現地時間午前10時9分に離陸、3時間51分の飛行を経て、キング郡国際空港に、現地時間13時00分に着陸しました。
777X

777X初飛行翌日へ延期 悪天候予報(更新)

悪天候の予報により初飛行のスケジュールが翌日へ。
777-9

777X 今週初飛行か

 初飛行の日程は明らかになっていませんが、恐らく現地時間23日午前中では無いかと噂されています。技術的問題が解決していることと、天候によりますが。
737MAX

777X 認可作業の行方

 今月初飛行予定の777X、楽しみです。が、取り巻く状況を考えると前途多難な2020年です。 737MAXの問題で認可作業に多くの追加・修正プロセスが加わっていますが、777X認可に関しても、既存の機体をマイナーチェンジした機体として、当初737MAXが認可されたような比較的容易なプロセスはもう期待できず、737MAXで行われた新たな認可作業などが777Xの認定に追加されることは間違い無いでしょう。777Xや今後この様な「マイナーチェンジ」の機体に対して、全ての検査項目がチェックされていく可能性もあります。
737-10

ボーイング 737Maxと777Xオクラホマ州での試験飛行を検討中

 ボーイング社は737MAXと777Xに関して、それぞれ飛行再開と初飛行実施後、オクラホマ州郊外にある空港での試験飛行を検討しています。 空港はオクラホマ州ワシータ郡バーンズフラットにあるクリントン・シャーマン空港です。地図で見るとアメリカのど真ん中にある空港ですね。オクラホマシティから160キロ程の場所で、車で1時間半〜2時間ほどの場所です。
737-10

2020年 航空機主要メーカーOutlook – ボーイング

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Boeing 737MAX これを書いている時点で、生産はストップしています。昨年3月13日から10ヶ月近く飛行停止になった状態で、生産を昨年末まで続け400機近くの機体が完成した状態で保管されていることになります。
777-8

777X関連ニュース(Dec 16th 2019)

Boeing Orders & Deliveries update カンタス航空「プロジェクトサンライズ」 A350-1000選定 Boeing Orders & Deliveries update 先週ボーイングのウェブサイトのOrders & Deliveriesが更新されました。 777Xを見るとUnfilledとなっている引渡し予定数ですが、309となっています。前回の数値からかなり減ったのですが、Emirates Airline(エミレーツ航空)の発注分が前回の150機から115機となっています。
737MAX

ボーイングNMA、FSA、、、

 12月4日、米ユナイテッド航空(United Airlines)は3日、古くなったボーイング(Boeing)757-200型機と置き換えるために、エアバス(Airbus)A321XLR型機を50機注文したと発表しました。 一方で、以前から言われていたFSA(Future Small Airplane)と呼ばれる別の新しい機体に関してもアメリカ、ヨーロッパ、リース会社のオペレーターに対して、マーケット調査が行われています。この機体は、737Max8よりも大きく、180から210席ほどの規模の機体と言われています。737Max 10があるのにこの話が出てくるということは、737Maxの後継機開発する方向も探っていると思われます。
777

ボーイング777X 荷重試験 ドアが吹き飛ぶ(最新情報11/28/2019)

 9月上旬のテストで、最終荷重試験中に機体のドアが吹き飛んだ件、以前の記事でメモりましたが、新たな情報が各ニュース記事で明らかになっています。 先ず吹き飛んだドアは「貨物ドア」ではなく、「客室ドア」で、これは破壊された直接の部分では無く、機体の内部構造が先ず最初に破壊され、二次的結果として客室ドアが吹き飛んだ様です。シアトルタイムズ誌などにドア周辺の画像が掲載されています。SNSでも確認できます↓
777-9

全日空B777-9での技術協力に関する覚書 – ルフトハンザ・テクニーク

ルフトハンザ・テクニーク社ニュースリリース より一部を訳してメモ  全日本空輸株式会社(以下ANA)とルフトハンザ・テクニーク株式会社は、ボーイング777-9での技術協力プロジェクトに関する包括的な覚書(MoU)に署名しました。 ANAはB777-9のローンチ・カスタマーのうちの1社であり、ルフトハンザ・テクニーク社は現在、2021年初頭にルフトハンザ航空への引渡しが計画されている同型機に対するMROサポートの準備を整えています。