737MAX

737MAX

ボーイングNMA、FSA、、、

 12月4日、米ユナイテッド航空(United Airlines)は3日、古くなったボーイング(Boeing)757-200型機と置き換えるために、エアバス(Airbus)A321XLR型機を50機注文したと発表しました。 一方で、以前から言われていたFSA(Future Small Airplane)と呼ばれる別の新しい機体に関してもアメリカ、ヨーロッパ、リース会社のオペレーターに対して、マーケット調査が行われています。この機体は、737Max8よりも大きく、180から210席ほどの規模の機体と言われています。737Max 10があるのにこの話が出てくるということは、737Maxの後継機開発する方向も探っていると思われます。
737MAX

737Max再認定へ 一歩前進 (内容追加)

 FAAは現在飛行停止中の737MAX 8と9に関してのMMEL(Master Minimum Equipment List)をアップデート版のドラフトを発表しました。ウェブサイト上に掲載されており、30日間公開する事でコメント等を受け付けます。 https://www.faa.gov/aircraft/draft_docs/mmel/ これは737Max飛行再開への動きの第一歩となります。
737MAX

新規製造737MAXのAC発行 FAA管理下へ

 FAA(米連邦航空局)は、特定の機体製造において客先引渡し前に製造者が機体の耐空証明(AC - Airworthiness Certificate)承認権限を付与されていましたが、737MAXに関して、FAAの管理下としました。 これまではFAAが本来持つ権限をボーイング社に付与し、特定の機体に関してボーイング社がその権限を有していましたが、取り上げられた形です。
737-10

Boeing 737MAX 10 降着装置について

 11月22日ワシントン州レントン工場で社内向けにローンチされた737MAX10に関して、長胴モデルであることは先週の記事でメモしました。 長胴モデルである為、降着装置(ランディングギア)も更新されていることに関しては、詳しい記事があまり出ていないので追加メモ。
737-10

Boeing 737 MAX 10 静かにローンチ

11月22日 ボーイングはワシントン州レントンの工場で737シリーズの長胴モデルとなる737MAX10をローンチしました。通常は派手なイベントが行われますが、ご存知の通り飛行停止中の機体の為、どちらかというと静かに社員向けで行われたイベントの様です。 このイベントではボーイングのVPとGMから社員に向け、チームで達成した成果と努力がハイライトされました。
737-10

サウスウエストとアメリカン航空 737Maxの復帰時期延期 2020年3月以降へ

ダラスニュースWebサイトによると、サウスウエスト航空(Southwest)とアメリカン航空(American Airlines)は同社の保有する737Maxを来年3月までスケジュールから外すようです。 サウスウエスト航空は737Maxを運用している最大のエアラインですが、これで6回目の復帰延期を行った事になります。前回変更の2020年2月8日から3月6日へとなっています。同社は737Maxの飛行停止により、1日あたり175便のキャンセルを行なっています。
737MAX

Spirit社 Bombardier社航空機関連工場買収 – 補足

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場買収ニュースに関して追加メモ  10月31日に発表されたこのニュースですが、スピリット社が一度は手放したビジネスジェット事業に戻ったことになります。また、ボーイングvsエアバス機体関連の製造比率も変化しますので、メモ追加します。  今回の買収で旅客・ビジネス機の中でも最新鋭の機体製造にスピリット社が加わる事になります。
737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (5)

 ボーイング社は11日、会長と最高経営責任者(CEO)を分離し、デニス・ミューレンバーグ氏が会長を外れてCEOに専念し、デービッド・カルホーン新会長となると発表しました。この発表の後に例のチーフパイロットのMCASに関するテキストメッセージのニュースが発表され、CEOの引退へ加速させるようなネタがもう少し出てくる可能性もあります。
737-10

737Max 飛行再開時期

1つ前の記事で737Maxに関する新たなニュースを取り上げましたが、これは10月18-19日辺りのニュースでした。影響が今後どう出るかはわかりませんが、米国のエアラインの737Max飛行再開に関しても、その時期を先延ばしするというニュースが幾つかありましたのでアップデートしておきます。 ● エアラインの動き ● 各国航空当局の動き
737MAX

737Max MCASに関し欠陥隠蔽か

下記の2つの新たなニュースがありました。737Maxの飛行再開が更に延びる可能性があります。先週のニュースですが、メモまで。。 ● パイロット間のメッセージやり取りは米連邦航空局に報告されず(2016年) ● ボーイング社MCASについてトレーニング資料から省くことをFAAに求めた(2017年)