737MAX

737MAX

Boeing ワシントン州の工場生産休止 COVID-19対策

 Boeing社は23日、米ワシントン州Puget Sound地域の組立て工場の操業を2週間休止(25日から4月7日まで州内の工場の操業を休止)すると発表しました。同州で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う非常事態が宣言されたことを受け、工場を一時閉鎖して従業員の感染リスクを抑え、休止期間に生産設備の清掃と消毒を実施します。
737MAX

737MAX関連 アップデート

737MAX関連久しぶりにメモ ・ シミュレータートレーニングと飛行再開時期 ・ 無許可のセンサー使用で罰金 シミュレータートレーニングと飛行再開時期  FAAはボーイングに対し、運航停止中の737MAXのフライトシミュレーター試験で同社の乗務員が適切な手順を行えなかったとして、同社パイロットには緊急時の対応に関する新たな訓練が必要になる可能性があると伝えました。
737MAX

ボーイング社 737MAXの翼内燃料タンクから異物 全機の検査を実施

 ボーイング社737MAXの引渡し前の数機の機体で、燃料タンク内から作業者が残した異物を発見し、これによりボーイング社では引渡しを待つ約400機全機の検査を行います。
737-10

737MAX飛行再開までのステップ

 ボーイング737MAXの飛行停止が始まって来月13日(日本時間14日)で1年となります。飛行再開までのステップと、現在どの辺りにいるかに関してメモ。
737-10

Boeing 737MAX 生産再開レートはLow&Slow

 昨年飛行停止となり、今年1月中旬から生産ラインも停止しているボーイング社737MAXの生産再開時期と今期製造予定機数の予測メモ。 現在400機+の機体が製造済&保管されています。
737-10

Spirit AeroSystems社 Boeingとの2020年度737MAX製造契約を発表

 Spirit AeroSystems社1月30日付のニュースリリースで、現在飛行停止&製造停止中のBoeing 737MAXの2020年度分の生産レートに関してボーイング社と合意に達したと公表しています。
737MAX

ボーイング、2019年第4四半期の業績を発表

ボーイングは29日、予想通り2019年年間損失を発表しました。 ● 売上高は766億ドル、GAAPベースの1株当たり損失(1.12ドル)およびコア(非GAAP)* 1株当たり損失(3.47ドル) ● 営業キャッシュフロー(24億ドル); 100億ドルの現金および市場性のある有価証券
737MAX

NMA振り出しに戻る 全く別機体の開発?(一部更新2020/2/3)

振り出しに戻る。。。ようですね。 昨年色々とどうなるの?書きましたが、NMAに関してもFSAに関しても振り出しに戻るというところです。23日付のREUTERSの記事(最後にリンク記載)などを参考にメモってみます。 NMAとFSAに関しては先ず: ● NMAのマーケットの変化 ● 737後継機 - FSA をまとめると、今後どのような機体をゼロから検討し直す必要があるのか少し見えてくるかと思います。
737MAX

737MAX運行再開見通し – ボーイング・リリース(一部更新)

 ボーイングはニュースリリースで737MAXの運航再開について2020年半ば以降との見通しを公表しました。この公表内容は、アメリカ連邦航空局(FAA)や世界各国の規制当局が運航再開を決定する前提です。
737MAX

777X 認可作業の行方

 今月初飛行予定の777X、楽しみです。が、取り巻く状況を考えると前途多難な2020年です。 737MAXの問題で認可作業に多くの追加・修正プロセスが加わっていますが、777X認可に関しても、既存の機体をマイナーチェンジした機体として、当初737MAXが認可されたような比較的容易なプロセスはもう期待できず、737MAXで行われた新たな認可作業などが777Xの認定に追加されることは間違い無いでしょう。777Xや今後この様な「マイナーチェンジ」の機体に対して、全ての検査項目がチェックされていく可能性もあります。