EthiopianAirlines

737-10

サウスウエストとアメリカン航空 737Maxの復帰時期延期 2020年3月以降へ

ダラスニュースWebサイトによると、サウスウエスト航空(Southwest)とアメリカン航空(American Airlines)は同社の保有する737Maxを来年3月までスケジュールから外すようです。 サウスウエスト航空は737Maxを運用している最大のエアラインですが、これで6回目の復帰延期を行った事になります。前回変更の2020年2月8日から3月6日へとなっています。同社は737Maxの飛行停止により、1日あたり175便のキャンセルを行なっています。
737MAX

737Max MCASに関し欠陥隠蔽か

下記の2つの新たなニュースがありました。737Maxの飛行再開が更に延びる可能性があります。先週のニュースですが、メモまで。。 ● パイロット間のメッセージやり取りは米連邦航空局に報告されず(2016年) ● ボーイング社MCASについてトレーニング資料から省くことをFAAに求めた(2017年)
737-10

737Max スペシャルレポート

 カタール衛星テレビ局アルジャジーラ(الجزيرة Al Jazeera)が737Maxの事故に関して、全体的にまとめた30分の動画が公開されています。 昨年〜今年インドネシアとエチオピアで起きた2件の737Max墜落事故から、3月の飛行停止処置、その後の動きを、被害者、パイロット、FAAに認定の裏を知る人たちの視点と、1年間に起きたことを判り易く、シンプルにまとめてあると思います。
737MAX

FAA AOAセンサーに関して注意喚起

米国連邦航空局(FAA)は「Information for Operator - 19009」(航空安全情報)を発行し、運用者に対して迎角(AOA)センサーが簡単に損傷する可能性があることを思い出させ、安全な飛行操作を確保するために、注意深く保守する必要があることを明記しています。
737MAX

737Max飛行再開に向けて数百人雇用

ボーイングは2件の墜落事故を受けて、3月から飛行停止中の737Max飛行再開に向けて、モーゼスレイクで働く数百人の派遣社員を雇用します。 これらの社員にはモーゼスレイクでの住宅と食事手当が支給されます。求められているのは航空電子技術者、航空機整備士、機体およびエンジン整備士、航空機電装関連の技術者などです。
737MAX

ライアンエアー737から「MAX」文字消える

以前の記事で、737MAX改名について書きましたが、SNSでまた同様のニュースが出ていますね。 今回はライアンエアー向け737MAXの機体から「Max」の表示が消えたというニュースです。 ボーイングレントン工場に駐機されているライアンエアー機体番号「EI-HAY」機首部分のクロースアップを伝えるTwitter:
737MAX

ボーイング737MAX ソフトウェアに新たな問題

今回FAAは、ボーイングがMCASの問題を解決するために開発したソフトウェアに欠陥を発見しました。この欠陥はMCASに関連するものではなく、修正されたソフトウェアが飛行制御コンピュータのプロセッサに起こす障害がないかを確認する過程で、不具合が発生した状況をシミュレートしてチェックしている際に発見されました。
737MAX

737Max – アップデート

米ボーイングのデニス・ミュレンバーグ最高経営責任者(CEO)が4月17日、運航停止となっている737MAX型機のソフトウエア修正について、認証に向けて「着実に前進」していると述べ、自身のツイッターに投稿した動画で、最新のソフトを搭載した正式なエンジニアリング飛行試験を16日に完了し、認証飛行の前の最後のテスト飛行を行いました。
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (2)

この問題の他への影響は?737には日本企業は関わっていないので、ダメージは少なくても、それ以外の機体への影響と日本への影響は?に関して書きたいと思います。バックグラウンド: 737Maxの墜落事故をきっかけに明るみに出た、FAA航空機安全検査官検査員が無資格で認証を行った可能性が疑われています。また、そのスタッフは墜落事故を起こした737Max8を評価するほか、パイロットの型式限定要件、最低限のトレーニングに関する推奨事項を作成するなど、同型機の認証に重要な役割を果たしてきた組織にも関与しているという疑惑。
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (1)

737Maxの墜落事故をきっかけに明るみに出た、FAA航空機安全検査官検査員が無資格で認証を行った可能性が疑われています。