FOD

737MAX

ボーイング社 737MAXの翼内燃料タンクから異物 全機の検査を実施

 ボーイング社737MAXの引渡し前の数機の機体で、燃料タンク内から作業者が残した異物を発見し、これによりボーイング社では引渡しを待つ約400機全機の検査を行います。
Aerospace

米空軍ボーイングKC-46給油機の納入状況 さらなるFOD見つかる

(最終更新日:2019年7月9日) 米空軍は、3月23日、航空機内の異物残留(FOD)を発見した為、ボーイングKC-46Aペガサスタンカーの受け入れを再度停止しているとのことです。これで約1ヶ月の間に2回目の受け入れ停止となります。