Rolls-Royce

737MAX

NMAエンジン候補メーカーの現状まとめ(3)

ボーイングのNMA開発の行方、Boeing737MAXの減産、AIRBUS320neoシリーズの生産レートアップを目指す上でのボトルネックとなっている部分、これらのトピックで関わってくるのが機体用エンジンの不具合です。出回っているニュースを(1)〜(3)にまとめました。 CFM International: Pratt & Whitney: Rolls-Royce: (本記事) まとめ:(本記事)
737MAX

NMAエンジン候補メーカーの現状まとめ(2)

ボーイングのNMA開発の行方、Boeing737MAXの減産、AIRBUS320neoシリーズの生産レートアップを目指す上でのボトルネックとなっている部分、これらのトピックで関わってくるのが機体用エンジンの不具合です。出回っているニュースを(1)〜(3)にまとめました。 CFM International: Pratt & Whitney: (本記事) Rolls-Royce: まとめ:
737MAX

NMAエンジン候補メーカーの現状まとめ(1)

ボーイングのNMA開発の行方、Boeing737MAXの減産、AIRBUS320neoシリーズの生産レートアップを目指す上でのボトルネックとなっている部分、これらのトピックで関わってくるのが機体用エンジンの不具合です。出回っているニュースを(1)〜(3)にまとめました。
737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (1)

以前の記事で、ボーイングがNMAに関しての決定時期を2020年まで延期するという記事を書きましたが、あれから2ヶ月+経ちました。改めて、NMAはNew Midsize Airplane の略で、ボーイング次世代中型ジェット旅客機として757(と767)の後継として検討が続けられている機体です。MOM、797とも呼ばれています。
Aerospace

BELLとROLLS-ROYCEがエンジン開発で協力

Bell社HPのニュースによりますと、同社とRolls-Royce社は、BellのV-280 ValorおよびV-247 Vigilantティルトローター用のターボシャフトエンジンオプションを開発すること合意したとのことで、現在飛行試験中のV-280 ValorはGE AviationのT64-GE-419エンジンを搭載していますが、将来の機種にはRolls-Royceエンジンを選択することも出来るようになります。