スポンサーリンク

BELLとROLLS-ROYCEがエンジン開発で協力

BELL AND ROLLS-ROYCE COLLABORATE ON ADVANCED PROPULSION SYSTEMS

Bell社HPのニュースによりますと、同社とRolls-Royce社は、BellのV-280 ValorおよびV-247 Vigilantティルトローター用のターボシャフトエンジンオプションを開発すること合意したとのことです。

現在飛行試験中のV-280 ValorはGE AviationのT64-GE-419エンジンを搭載していますが、将来の機種にはRolls-Royceエンジンを選択することも出来るようになります。

航空機は購入する際に、複数のエンジンから機体に取り付けるエンジンを選ぶことができます。

Bell V-280 ValorとV-247無人ティルトローター(右上) : Bell

米陸軍の将来の垂直揚力(FVL)計画に先立って、V-280はCapability 3技術実証機、Sikorsky UH-60ブラックホークに代わることを目的とした中型実用航空機として開発中で、初飛行から既に1年以上試験飛行を続けています。1月にこの機体は目標最高速度の280kt(518km / h)を達成しました。

Bell V-247は、まだ飛行していない無人のティルトローターですが、3Dレンダリングやトレードショーのモックアップの形で公開されているだけです。無人航空機は、米国海兵隊のMarine Unmanned Expeditionary(MUX)航空機の概念です。

Bellは、どのRolls-Royceタービンを自社の航空機に搭載するのかとは述べていませんが、自社の航空機用にエンジンを最適化する方法に取り組んでいるようで、吸気フィルターおよび排気赤外抑制システムの開発に取り組んでいます。

Bell V-280 Valor : Bell
BELL AND ROLLS-ROYCE COLLABORATE ON ADVANCED PROPULSION SYSTEMS
Companies sign teaming agreement to research engine designs to improve safety, performance and affordability for future aircraft.