OQLS

AARGM-ER

F-35ウェポンベイ改修 – 新型ミサイルの搭載や搭載量アップへ

ロッキードマーチン社はF-35戦闘機ウェポンベイ改修の契約(3470万ドル)を米国防省と交わしました(2019年7月18日)。契約完了時期は2022年7月となっています。 このウェポンベイ内部の改修..... これにより新型の対レーダーミサイルAARGM-ERをウェポンベイに搭載、もしくは将来的にAMRAAM空対空ミサイルを最大6発搭載が可能となるようです。