UAC

Aerospace

2020年 航空機主要メーカーOutlook – その他メーカー

2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus その他 その他 Bombardier 同社は今年最後のCRJを引渡し、コマーシャルジェット機の生産が終了します。 Embraer
737-10

旅客機引渡しスケジュール予想 2019-2029

今後10年間で16機種程の旅客機がデビューし、航空会社に引き渡されていく予定です。 (ボーイングがNMAをローンチするとした場合です。) それぞれの年にどの様な機種が予定されているのか整理してみます。
Aerospace

Il-76MD-90A輸送機初号機をロシア空軍に引き渡し

ロシアUAC(United Aircraft Corporation)は最初のIl-76MD-90A輸送機をロシア空軍に引き渡しましました。

2015年にロールアウトしたものの、その後空軍からの要求仕様に変更があり、設計変更等の作業で今回の引渡しとなりました。

従来のIl-76からの変更/改良点としては、より強力なAviadvigatel PS-90A-76エンジン、強化された主翼、および強化された降着装置が挙げられています。

最大積載量が48tから60tに引き上げられ、積載量52トン時の航続距離は2,700nm(5,000km)で、これまでのIl-76MDの積載量40トン時の航続距離2,560nmというものから引き上げられています。

さらに、この新型はガラスコックピットと改良された自動飛行制御システムが装備されています。