airbus

787

日本航空A350型機APUメンテナンスサービス契約締結 – ルフトハンザ・テクニーク

 ルフトハンザ・テクニークと日本航空(JAL)は、航空会社のエアバスA350フリートのAPU(補助電源装置)メンテナンスサービスに関する契約を締結しました。 5年間の契約サービスは、APU HGT1700シリーズの予備サポートとともに修理およびオーバーホールメンテナンスを提供します。現在、JALは最新のA350機に関して56機導入予定です。(31機確定25機オプション)
Aerospace

AIRBUS Helicopters VSR700プロトタイプ初飛行

エアバス・ヘリコプターズのニュース・リリース(11/21/2019)  仏エクサンプロヴァンス近郊のドローンテストセンターにてVSR700のプロトタイプが初飛行したことを発表しました。VSR700は複数回の離着陸と最長約10分間にわたる飛行に成功しました。
777

ロボット vs 人 777X製造ライン

数ヶ月前から業界内では噂になっていましたが、Bloomberg誌で取りあげられましたので、私も追っかけメモ。(シアトルタイムズ誌でかなり詳しく書かれていました。) 今回は737MAXネタではありません。 今回は、ボーイングがロボットによる777/777Xの胴体用リベッティング&ファスニングシステムの一部を諦めたというものです。(リベッティング=打鋲)
Aerospace

サーモスタット故障

熱でダウン中。月曜の夜が意外と寒かったようで、ミスです。 熱めのお風呂で、冬山の日本猿をイメージして1時間ほど浸かっておりました。 一方、ニュース的にはあんまり「熱い」ニュースも無かったですよね。。。見れてないというのが正直なところですが、エアバス・ディフェンスが長期にわたって研究していたLOテクノロジーのモデルが公開された事くらいでしょうか?
A220

Bombardier社航空機関連工場 Spirit社へ売却

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場とAsco社買収関連ニュース  カナダ航空機大手ボンバルディア社は10月31日同社のプレスリリースで、同社の航空機関連工場の一部について米国スピリット社(Spirit AeroSystems)へ売却に合意したと発表しました。今回の売却は長くから買い手を探していた、英ベルファストとカサブランカ(モロッコ)の航空機部品&主翼製造工場とテキサス州のMROメンテナンス部門です。(英ベルファスト工場はエアバスA220主翼工場で、モロッコは航空機部品製造工場。)
777X

エアバス社次世代機翼開発 – WoT

先日の記事でも次世代機開発プログラム ー Wing of Tomorrowに関連した記事を書きましたが、どのような機体開発を目指しているのか、2019年10月末時点で、インターネットをサラッと検索してわかる範囲でまとめてみました。メモまで。 目指すところ このプログラム名Wing of Tomorrowの名前にある通り新しい翼を開発しています。この翼はエアバスが目指す次世代単通路機(Next-generation single-aisle aircraft)に採用されます。
Aerospace

GKN社 AIRBUSーWing of Tomorrowプログラム 翼スパー製造用ツール納入

GKN社のウェブサイト ニュースリリースから 注目する点として: エアバスーWing of Tomorrow 向けに設計製造した翼スパー製造用の中規模サイズ(4M)のデモンストレーターツールを納入。 複合材製の機体主要構造部品製造、それも比較的大型のパーツ製作にRTMーResin Transfer Moulding技術を使用するという点。 英国の航空宇宙分野の研究機関である「 Aerospace Technology Institute」などの資金サポート(£24.4 million=約34億円)を受けており、低コストでの製造技術と翼スパーの大幅な重量減を達成する研究がなされている。
737MAX

新エンジン搭載 ボーイング767(-X) 再検討

ボーイング社が新エンジンを搭載したB767の貨物機と旅客機モデルについて検討していることがわかりました。 これはFlightGlobal誌が最初に取り上げた情報ですが、「767-XF」というプロジェクトネームで、既にある機体プラットフォームを使用して将来的な貨物機を検討しているようです。 ベースとなる機体は767-400ERで、GE社製GEnxエンジン2発を搭載した形のようです。エンジンは既存のエンジンより大きくなる為、ランディングギアをより長いスタイルに再設計する必要があります。
737MAX

ジェットエンジン – ターボファンエンジン燃費効率

過去10年間で旅客機用エンジンが成し遂げた燃費改善について  * 一番触りやすいバイパス比BPR  * 高い技術が要求されるエンジンコアと燃費の関係 今後デビューするエンジンがどれだけ燃費等で改善できるのか?  * 物理的限界 まとめ&新たな推進方式
737MAX

A321neoに続きA320neoでも飛行制御プログラムに不具合

エアバスは、A320neoの飛行制御システムにおいて、新たな潜在的脆弱性を見つけたとのことです。これは先日ニュースとなったA321neo上のエレベーターとエルロンコンピューターでの動作上の問題がありましたが、別の新たな問題となります。(似たような不具合です。)