airbus

737MAX

Boeing&Airbus キャッチアップ

 皆様お元気ですか? 色々と人生に変化がありブログも休憩しておりました。ふー。。。なになに?先週のボーイング の発表すら見ていなかったぞ!? 今年だけで737MAXの受注キャンセル800機?暫くニュースがないなと思いましたが、737MAXを虐め倒す以外に気になるニュースがございませんな。
Aerospace

エアバス旅客機生産ライン大規模人員削減へ – COVID-19

 エアバスは「COVID-19 adaption plan」とし今後12ヶ月間で民間旅客機生産部門で15000人の人員削減を行うとしています。これにはヘリコプター、軍事、宇宙に関係する部門は含まれていません。
Aerospace

5ブレード仕様Airbus H145 EASA認可取得

 エアバスヘリコプターの新しい折りたたみ式5ブレード仕様のH145 D3ツインがEASAから承認されました。 FAAの承認は年末までに予定されており、軍用バージョンは2021年に認証取得予定です。顧客への引渡しはこの夏後半に開始予定です。
737-10

航空ニュースアップデート COVID-19

 外出を避け、自宅で小動物を飼いはじめましたら見事にお世話にハマり、書くネタもあまり無いのでアウェイになっておりました。  国土交通省の「国土交通月例経済」2020年4月号によると、3月の国際線旅客数の速報値は45万2000人(前年同月比72.9%減)、国内線は416万3000人(53.9%減)で、2カ月連続で前年を下回っています。 旅客業界が先ず打撃を受けていますが、航空機製造業も厳しい状況です。
787

Airbus & Boeing アップデート – COVID-19

 Boeing社はCOVID-19の影響で4月8日から操業を停止していたサウスカロライナ州の工場に関して、従業員が5月3日もしくは4日に戻り、操業再開すると発表しました。 Airbus社関連では、Airbus UK Broughtonにある工場で、新たに3200名の生産に関わる従業員に対して自宅待機させると発表しました。
737MAX

ボーイング社2020年第1四半期の業績を発表

 ボーイング社は昨年から続く737 Maxの飛行停止とCovid-19パンデミックが始まった事により、2020年の第1四半期の商用飛行機の出荷が2019年の同時期と比べて66%減少したことを報告しました。 3月下旬にはワシントン州ピュージェットサウンドの工場、4月上旬にはサウスカロライナ州チャールストンにある工場の操業を休止しました。
A220

AIRBUS生産レート – 減産へ

AIRBUSウェブサイトより 同社はA320、A330、A350の生産ラインに関してCOVID-19の影響により減産すると発表しました。
Aerospace

航空機・機体部品製造メーカー状況アップデート COVID-19 (04/08/20)

 外出自粛で運動不足と、書きたいネタがいまいち見つからずタイピング量減少でカロリー消費が少ないですね。体重増えました。。。 前回の「航空機・機体部品製造メーカー状況アップデート COVID-19」の記事から十日ほどですが、業界はスローダウンの一方です。
Aerospace

航空機・機体部品製造メーカー状況アップデート COVID-19

 ボーイング社はワイドボディー機体製造を2週間程休止することになりましたが、他のメーカー・部品製造メーカーの状況はどうなってるでしょうか? Spirit AeroSystems Triumph GE Aviation Embraer Bombardier AIRBUS
Aerospace

Clean Sky 2 – Innovative Aircraft Demonstrator Platform

Clean Sky 2は、航空機の騒音、排出ガス、二酸化炭素排出量を削減する技術開発のための欧州パートナーシップです。高効率な翼、軽量で高効率なエンジン、新しい航空機の設計・構成、よりスマートなシステムとすべての分野を見直してそれらを達成しようというプロジェクトです。