737MAX

737-10

ボーイング 737MAXパイロットへのシミュレーター教育求める

 ボーイングは7日、2度の墜落事故を起こした新型機「737MAX」について「パイロットにフライトシミュレーターでの訓練を推奨する」との声明を出しました。ボーイングはこれまで旧モデル「737NG」の飛行経験があればシミュレーターによる訓練は不要としていて、コンピューターを使用したトレーニングのみを必要としていました。 米連邦航空局(FAA)はボーイングの提案に関して検討していますが、MAXの飛行再開にあたって具体的なトレーニング内容に関しては明らかにしていません。
737-10

Boeing 737 機体配線に関して調査中

2020年ボーイング737関連ニュース1発目はこれです。 MAXの再認定に向けて作業が進む中、新たな配線の問題が表面化し、機体の商業飛行再開をさらに遅らせる可能性が出てきました。New York Times紙によると2つの致命的な墜落事故を引き起こしたと考えられるMCASソフトウェアの欠陥を超える新たな配線問題が発生したと取り上げています。
737-10

2020年 航空機主要メーカーOutlook – ボーイング

 2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus Embraer その他 Boeing 737MAX これを書いている時点で、生産はストップしています。昨年3月13日から10ヶ月近く飛行停止になった状態で、生産を昨年末まで続け400機近くの機体が完成した状態で保管されていることになります。
737-10

737MAX 二度と飛ばない可能性は?

現時点で生産停止に関しては3ヶ月から半年と噂される中、航空専門家の中には737MAXが二度と飛ばないという意見もあります。 これには製造停止で廃業するメーカーなどが出た場合、サプライチェーンが破綻し737MAXの製造が将来的に不可能となるケースです。
737-10

ボーイングCEOが辞任 737MAX問題引責

ボーイングは23日、ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)の即時辞任を発表した。2度の墜落事故を起こして運航停止中の最新鋭機「737MAX」の問題の責任を取ったとみられる。デビッド・カルフーン会長が来年1月13日付でCEO職に就くという。
737-7

737生産停止期間

先日の737MAX生産停止のニュース。 737の生産停止は今回が初めてではありません。1997年に25日間生産停止となりました。(機体最終組立が停止しましたが、部品生産は生産を続けました。) 2008年にはストライキで57日間停止しました。 しかし、機体の不具合では今回が初めてです。
737-10

ボーイング、来年1月から737MAXの生産停止

 ボーイングは、2件の墜落事故を起こした737MAXの運航再開が年明け以降になる見通しとなったことを受け、同機の生産を来年1月から一時停止すると16日に発表しました。 生産を停止する間、従業員のレイオフ(一時解雇)は行わないようです。 日本企業は三菱重工が主翼のインボード・フラップ、スバルが水平尾翼のエレベーター、ナブテスコが装備品としてアクチュエーター(飛行姿勢制御装置)を1機あたり8台製造しています。 以下はボーイング社のステートメント:
737-10

ボーイングが737Maxの生産削減や停止のニュース

特にサプライズでもないですが、ニュースヘッドラインにあがっていたので。。。 米ボーイングは、2件の墜落事故を起こした「737MAX」の運航再開を巡る不透明感が高まる中、同型機の製造を休止または縮小することを検討している。16日にも結論を公表する可能性があると事情に詳しい関係者らが明らかにした。 と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えています。
737MAX

ボーイングNMA、FSA、、、

 12月4日、米ユナイテッド航空(United Airlines)は3日、古くなったボーイング(Boeing)757-200型機と置き換えるために、エアバス(Airbus)A321XLR型機を50機注文したと発表しました。 一方で、以前から言われていたFSA(Future Small Airplane)と呼ばれる別の新しい機体に関してもアメリカ、ヨーロッパ、リース会社のオペレーターに対して、マーケット調査が行われています。この機体は、737Max8よりも大きく、180から210席ほどの規模の機体と言われています。737Max 10があるのにこの話が出てくるということは、737Maxの後継機開発する方向も探っていると思われます。
737MAX

737Max再認定へ 一歩前進 (内容追加)

 FAAは現在飛行停止中の737MAX 8と9に関してのMMEL(Master Minimum Equipment List)をアップデート版のドラフトを発表しました。ウェブサイト上に掲載されており、30日間公開する事でコメント等を受け付けます。 https://www.faa.gov/aircraft/draft_docs/mmel/ これは737Max飛行再開への動きの第一歩となります。