737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (3)

このNMAの日本の航空機産業への影響はどうでしょうか? 日本は767からボーイングのメジャーなプログラムに参加し始めてきました。その後、777では飛行機の21%を製造し、787においては35%、777Xでも21%のワークシェアがあります。777は777Xに置き換わるため次第になくなるプログラムです。今後残るプログラムは767(殆どが米空軍の給油機向け)と787、777Xとなります。
737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (2)

引き続き、まだ存在しない飛行機について、、、NMAはNew Midsize Airplane の略で、ボーイング次世代中型ジェット旅客機として757(と767)の後継として検討が続けられている機体です。
737MAX

777X ボーイング社内で従業員向けに静かにローンチ

737MAXの2機目の墜落後、13日に予定していたセレモニーの延期が発表されたばかりでしたが、エベレットの工場で、ボーイングの従業員向けに静かにお披露目を行なったようです。
777

ジャンボ機(2) A380製造中止のニュース

ズングリとした胴体と主翼付け根から内側のエンジンの付け根辺りまでは上むきで、そこからちょっと下がった感じの主翼デザインが、ちょっぴりガルウィングっぽくて、巨大な垂直尾翼でトドメ。カッコいいというよりも、可愛く思えます。
777

ジャンボ機(1) A380製造中止のニュース

エアバス社はエミレーツ航空との協議でA380とA330&A350の発注数の変更を発表しました。内容はA380の発注数の削減で、A330&A350に関して増加というものでした。 2021年に最終の引き渡しが行われる計画とのことです。