スポンサーリンク

787 垂直尾翼シムに新たな問題

 ボーイングは、787型垂直尾翼に関連する別の製造上の問題があることを明らかにしました。これは、ここ数週間で明らかになった4番目の製造上の問題で、787の垂直尾翼セクションのシム(shim)に特に関連しているようです。全てボーイング社のサウスカロライナ州の工場での作業が原因となっており、同工場での品質の問題がまた一つ明るみに出た形です。工場統一案は無くなるかもしれませんね。

2019年後半に、シムに関連する不適合を発見し、FAAに通知していました。その後、ボーイング社のエンジニアが徹底的な分析を行い、それが飛行の安全性に直接的なリスクをもたらすものではないと結論を出したため、すぐに処置をとることはなかったようです。この問題は、生産中のすべての飛行機に含まれています。
ボーイングは、今回の垂直尾翼での問題は、定期メンテナンス時に一度だけ検査を必要とするレベルと考えています。

最近明らかになった787関連での他の3つの問題には、航空機の水平スタビライザーの部品をクランプする際に作業工程で過度な負荷/力をかけていたことや、一部の機体での不適切なサイズのシムの使用、および一部の航空機で平面度の要求値を満たしていないスキンのセクションがあったことなどです。

シムとスキンの平面度の問題は特定の航空機の同じ場所で見つかり、シンガポール航空、ユナイテッド航空、エアカナダが運航する787機8機8機に対して運行停止処置が取られています。その後、全日空の787-10の1機が運行停止となっています。