FMEA

737MAX

ボーイング737MAX ソフトウェアに新たな問題

今回FAAは、ボーイングがMCASの問題を解決するために開発したソフトウェアに欠陥を発見しました。この欠陥はMCASに関連するものではなく、修正されたソフトウェアが飛行制御コンピュータのプロセッサに起こす障害がないかを確認する過程で、不具合が発生した状況をシミュレートしてチェックしている際に発見されました。