UK

Aerospace

GKN社 AIRBUSーWing of Tomorrowプログラム 翼スパー製造用ツール納入

GKN社のウェブサイト ニュースリリースから 注目する点として: エアバスーWing of Tomorrow 向けに設計製造した翼スパー製造用の中規模サイズ(4M)のデモンストレーターツールを納入。 複合材製の機体主要構造部品製造、それも比較的大型のパーツ製作にRTMーResin Transfer Moulding技術を使用するという点。 英国の航空宇宙分野の研究機関である「 Aerospace Technology Institute」などの資金サポート(£24.4 million=約34億円)を受けており、低コストでの製造技術と翼スパーの大幅な重量減を達成する研究がなされている。
Aerospace

英軍F-35B 対ISIS作戦で初実戦投入

英国防省は、過激派組織「ISIS」に対する作戦で最新鋭ステルス戦闘機F35Bを初めて実戦投入したと明らかにしました。 イラクとシリアで16日に実施された作戦で、キプロスのアクロティリ空軍基地から出撃した英国空軍第617飛行中隊のF35B戦闘機 2機がタイフーン戦闘機と共に飛行しCAP(戦闘空中哨戒)活動を行ったようです。 搭載された武器は、レイセオン製のペイブウェイIVレーザー誘導爆弾を2発とMBDA Asraam短距離空対空ミサイルを2発とのことです。
Aerospace

ファンボロー国際航空ショー 一般公開日数を削除の予定(3/23/2020更新)

ファンボローエアショーはパリ・エアショーと1年おきに交互に開催されているエアショーで、ビジネス主体のイベントとして実施されてます。通常は月曜日から金曜日までがトレード・ショー(ビジネス・デイ)、土曜日と日曜日の2日間がパブリック・デイとして実施されてきました。今回の主催者の発表は、2020年の公演から週末の公開日を「削除」する予定で、トレード・ショーの最終日を一般にも公開する形とする計画とのことです。