スポンサーリンク

ファンボロー国際航空ショー 一般公開日数を削除の予定(3/23/2020更新)

ファンボローエアショーはパリ・エアショーと1年おきに交互に開催されているエアショーで、ビジネス主体のイベントとして実施されてます。通常は月曜日から金曜日までがトレード・ショー(ビジネス・デイ)、土曜日と日曜日の2日間がパブリック・デイとして実施されてきました。

トレード・ショーの飛行展示は民間機や軍用機をはじめ、イギリス空軍「レッドアローズ」など、例年、各国のアクロバットチームも参加し、華を添えています。

今回の主催者の発表は、2020年の公演から週末の公開日を「削除」する予定で、トレード・ショーの最終日を一般にも公開する形とする計画とのことです。

<3/23/2020更新>
Farnborough Internationalは3月20日(現地時間)、世界的な新型コロナウイルスの流行を受け7月20日から24日(現地時間)に開催を予定していた「ファンボロー国際航空ショー」を中止すると発表しました。
ショーHPより↓
Important Notice
It is with great regret that we announce the Farnborough International Airshow 2020, due to take place in July, is cancelled.
After very careful consideration, the unprecedented impact of the global Coronavirus pandemic has forced this decision in the interests of the health and safety of our exhibitors, visitors, contractors and staff.
This decision was reached taking into consideration several major factors surrounding the outbreak of COVID-19, all of which we have concluded, make it is impossible for us to create and host the Airshow this July. 

We understand this news will be an incredible disappointment to all across the international aerospace industry, not to mention our important exhibitors, suppliers and visitors. We at Farnborough International share your disappointment that we are unable to present the Airshow as planned, but rest assured, we are determined to continue to work together and will ensure the Farnborough International Airshow returns in 2022 better than ever.  
It’s important to us that we speak directly to anyone who may have concerns about the Airshow’s cancellation; however, we are a small team and it may take a few days for us to make contact. We appreciate your patience, these are incredibly difficult times but we are absolutely committed to maintaining strong relationships.

<更新終>

エアショーの目的が、ビジネスであり、航空関連のファンのためのイベントではないというところで、当然の決定だと思います。

一部のファンからは、トレードデイだけに展示飛行をする飛行機が、週末のパブリックデーには出ないということの不満も出ていたようですが、今回の決定で明確な答えを出してあげたということでしょうね。このようなショーは数十億ー数百億する航空機を購入するための、世界のトップレベルの要人への展示飛行をするための場であり、一般の方への社会貢献&ボランティアの場では無いわけですから。。そりゃ多少、若者に国防への関心を、、、みたいな部分もあるかもしれませんが、特にエアショーじゃなくてもいいですもんね。そのためには別の航空ショーもあるでしょうし。

逆に、一般の方が、トレードデイの最終日に入場できることで、世界の航空宇宙、防衛および宇宙産業を支える人々、製品、およびプロセスの詳細を見ることができるようになるという点では、いいことだと言えます。

2020年からは、5日間毎日フライト展示があるとのことで、パイロットは忙しくなりそうですね。

参照リンク:
https://www.farnboroughairshow.com/