"737Max"

737-7

737Maxの飛行再開 10-12月期目指す 

(現地時間9月11日)ボーイングのデニス・マレンバーグ会長、社長兼CEOは、墜落事故が相次いだ737Maxについて、今年10-12月期(第4四半期)の早い時期に運航再開を目指す考えを、ラグナビーチで行った講演で改めて示しました。2件の墜落事故の要因になったとみられる737Maxで新たに採用した失速防止システム「MCAS: Maneuvering Characteristics Augmentation System(操縦特性向上システム)」の改修が進んでいることを強調したようです。
737-10

737Max関連ニュース 9月4日アップデート

航空会社 飛行再開時期を更に延期  アメリカン航空は保有する737Maxの商業飛行再開スケジュールをさらに1ヶ月延長し12月4日としました。(これまでは11月3日に再開するとしていた。) 数日前にユナイテッド航空(United Airlines)も6週間延期し、12月19日としたばかりです。 サウスウエスト航空は、既に1月6日まで再開時期を延期しています。
737MAX

737Max飛行再開に向けて数百人雇用

ボーイングは2件の墜落事故を受けて、3月から飛行停止中の737Max飛行再開に向けて、モーゼスレイクで働く数百人の派遣社員を雇用します。 これらの社員にはモーゼスレイクでの住宅と食事手当が支給されます。求められているのは航空電子技術者、航空機整備士、機体およびエンジン整備士、航空機電装関連の技術者などです。
737-10

737MAX生産一時中止も ボーイング近況

7月25日2019年 ボーイング関連アップデート メモ 737MAX 777X NMA 737MAX ボーイングのデニス・マレンバーグ会長、社長兼CEO(最高経営責任者)は7月24日に行われた決算会見で、737 MAXについて、運航停止が長期化した場合に生産を一時停止する可能性があることを明らかにしました。
737MAX

ボーイング737MAX ソフトウェアに新たな問題

今回FAAは、ボーイングがMCASの問題を解決するために開発したソフトウェアに欠陥を発見しました。この欠陥はMCASに関連するものではなく、修正されたソフトウェアが飛行制御コンピュータのプロセッサに起こす障害がないかを確認する過程で、不具合が発生した状況をシミュレートしてチェックしている際に発見されました。
737MAX

Boeing 737Max 改名?

半年間で2件の墜落事故を起こし、現在飛行停止中のBoeing 737MAX。時期はわかりませんが、FAAによる審査が終わり次第、飛行再開されていくと思われます。しかし、安全性が確保されたとしても、エアラインにとってこれだけ悪いイメージを持ってしまった機体に乗客が乗ってくれるのか?という部分は悩みのタネ&ネタです。
737MAX

737Max – アップデート

米ボーイングのデニス・ミュレンバーグ最高経営責任者(CEO)が4月17日、運航停止となっている737MAX型機のソフトウエア修正について、認証に向けて「着実に前進」していると述べ、自身のツイッターに投稿した動画で、最新のソフトを搭載した正式なエンジニアリング飛行試験を16日に完了し、認証飛行の前の最後のテスト飛行を行いました。
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (2)

この問題の他への影響は?737には日本企業は関わっていないので、ダメージは少なくても、それ以外の機体への影響と日本への影響は?に関して書きたいと思います。バックグラウンド: 737Maxの墜落事故をきっかけに明るみに出た、FAA航空機安全検査官検査員が無資格で認証を行った可能性が疑われています。また、そのスタッフは墜落事故を起こした737Max8を評価するほか、パイロットの型式限定要件、最低限のトレーニングに関する推奨事項を作成するなど、同型機の認証に重要な役割を果たしてきた組織にも関与しているという疑惑。
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (1)

737Maxの墜落事故をきっかけに明るみに出た、FAA航空機安全検査官検査員が無資格で認証を行った可能性が疑われています。
737MAX

Boeing 737Max 減産へ

ライオンエアとエチオピア航空の墜落事故を受けて、ボーイングCEODennis Muilenburg氏は737の生産を4月中旬から20%減産すると発表しました。