三菱重工

Aerospace

米国務省 航空自衛隊F-15改修用機器売却承認

以前から話題になっていた航空自衛隊保有のF-15戦闘機の能力向上に関して、米国務省が最大98機の改修に必要な関連機器の売却を承認しました。費用は45億ドル(4900億円)。主契約社はボーイング社となり、日本国内の下請けは機体をライセンス生産した三菱重工となります。 国防総省傘下の国防安全保障協力局は「主要な同盟国の安全保障を向上させ、米国の外交政策と国家安全保障を支える」としています。
Aerospace

SpaceJet M100 100機受注へMOU

三菱重工業傘下で国産初のジェット旅客機を開発している三菱航空機が、76人乗り「M100」を100機、米メサ航空から受注することで覚書を締結しました。覚書=Memorandum Of Understandingです。Paris Air Showでも15機分のMOUがありました。 発注/受注に向けて正式に話し合いをしましょう...状態です。物もないですし、納期も間に合うかわからない状態ですので。このMOUは先ずは50機の正式発注、その後オプション分の発注を行うとうもので、納期は2024年を目指しています。
A220

SpaceJet (MRJ) 関連 近況まとめ

現在、三菱重工はボンバルディアのCRJ事業を買収し、機体の設計製造を米国Triumph社と進めるなど、メインのマーケットであるアメリカへ拠点整備を進めています。 MRJの開発で国内下請け会社も設備投資を行なってきましたが、ハラハラするニュースなのでは無いでしょうか?
A220

三菱重工がボンバルディアCRJ事業買収交渉中

パリエアショー前のこの時期は色々ニュースが盛りだくさんですが、その中でも、昨日からニュース各紙で一斉に取り上げられたのが、三菱重工がカナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルティアの小型ジェット旅客機「CRJ」事業の買収に向けて交渉を進めているというニュースです。