スポンサーリンク

DARPA X-61A Gremlins初飛行

Dynetics社X-61A Gremlins無人機が2019年11月に初飛行していました。

初飛行はユタ州ソルトレイクシティー近郊ダグウェイ実験場(Dugway Proving Ground ; DPG)で行われ、TBM社のC-130Aから発射され1時間41分の飛行を行いました。初飛行から数ヶ月経っての公表となりました。

ただ、無人機は回収用のパラシュートが作動せず、地表に衝突したとメーカーホームページに掲載されています。

初飛行でのオブジェクティブは:
· Demonstrating a successful launch of the GAV from the C-130
· Demonstrating a rate capture, wing deployment, cold engine start, and transition to stable, powered flight
· Collecting data on GAV subsystem operation and performance
· Verifying air and ground-based command and control systems, including data link performance and handovers between air and ground control
· Deploying the GAV docking arm
· Demonstrating the flight termination and ground (parachute) recovery of the GAV (demonstration system only – not part of the operational system)

X-61A Gremlins air vehicle performs its maiden flight
Photo: Dynetics

 

GremlinsプログラムはDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)が行っている、低価格な無人機の「群れ」を空中発射&回収することを目指した研究です。その様な無人機は偵察用プラットフォームや、「loitering munition」徘徊型兵器などのアプリケーションで活用できます。

Gremlinsがミッションを終えると、C-130貨物機が空中で回収し帰還します。その後、整備員により24時間以内に次のミッションへ準備を完了させる…その様な運用方法が検討されています。
Gremlinsの寿命/使用回数は20回ほどで、ペイロードと機体のコストを削減し、数十年にわたって稼働するように設計された従来のプラットフォームよりもミッションとメンテナンスのコストを下げることにより、従来のプラットフォームよりも大幅なコスト優位性を提供できるとしています。

Gremlinsプログラムの最終フライトでDynetics社はX-61Aの空中発射、飛行、空中回収を30分以下で実施可能であることを証明します。

Dynetics社はGremlinsプログラムの主契約社ですが、機体胴体部分はKratos Defense社、エンジンはWilliams International社が担当しています。機体にもこれらのメーカー名を見ることができます。

Gremlins X-61A Maiden Test Flight

Gremlins: Airborne Launch & Recovery of Unmanned Aerial Systems

参照リンク:
https://www.dynetics.com/newsroom/news/2020/dynetics-x-61a-gremlins-air-vehicle-performs-its-maiden-flight