スポンサーリンク

三菱重工が三井E&Sの艦艇事業買収へ

三菱重工が手がける護衛艦のイメージ image: 三菱重工

 三菱重工業と三井E&Sホールディングスは同社のグループ会社の艦艇事業を三菱重工が買収する協議を始めることで合意した。三菱重工は防衛装備品事業の製品や技術力を高めるのが狙い。三井E&Sがグループ会社との検討を進めて、12月末をめどに最終合意を見込む。

三井E&S傘下の三井E&S造船(東京都中央区)が、防衛省向けに補給艦や海洋観測艦を建造しており、三菱重工による買収に向けて協議する。公正取引委員会など関係当局の審査を経て、2021年10月をめどに買収を目指す。一方で、買収後も三井E&S造船の玉野艦船工場(岡山県玉野市)での建造や修繕を継続する予定。

三菱重工と三井E&S造船の艦艇事業をめぐっては、三菱重工の設計に基づいて三井E&S造船が防衛省の護衛艦を建造する契約を結んだ経緯がある。